モトリー・クルー、ツアーを開催するか否かは「バンドが決めることじゃない」

ツイート

モトリー・クルーが、6月中旬からスタート予定のデフ・レパード、ポイズン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとの北米<The Stadium>ツアーについて、開催するかしないかは、バンドたちが決めることではないとコメントした。

◆モトリー・クルー画像

モトリー・クルーは火曜日(4月21日)、彼らのバイオグラフィ映画『The Dirt』のライブ・シーンの画像をインスタグラムに投稿し、映画公開時のキャッチフレーズ「If we wanna knock people on their asses then we gotta give them a show!」をもじり「We wanna knock people on the asses, we gotta give them a show/俺ら、人々を打ちのめしたい、彼らにショウ(チャンス)を与えねば」とのキャプションを付けた。

これに対し、1ユーザーが「ツアーは中止しろ。そうすれば、ファンは金が戻る。今年、ツアーは無理だ。正しいことをしろ。ボン・ジョヴィはそうした」とコメントしたところ、モトリー・クルー側は「バンドたちがこれを決めるんじゃない。俺らも情報を待ってる」と返信。「このスタジアム・ツアーはあるの、ないの????? みんな言うことが違うから混乱してる。州知事は2021年まで公演はないと言ってる。どうなってるの?」とのコメントには、「まだ、誰も何も言っていない」と返した。



ドラマーのトミー・リーは今月初め、ツアーは「やる方向で」動いていると話していたが、まだ事態は十分好転しておらず、当局がこのような大規模なイベントの開催を認めない可能性は高い。

モトリー・クルー、デフ・レパード、ポイズン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの<The Stadium>ツアーは6月18日から9月5日まで北米で31公演が予定されている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報