黒木啓司、「熊本黒毛和牛10トン救済プロジェクト」アンバサダーに就任

ツイート

EXILE / EXILE THE SECONDの黒木啓司が、焼肉店「クロッサムモリタ」と厳選グルメECサイト「 TASTE LOCAL」がタッグを組んだプロジェクト「熊本黒毛和牛10トン救済プロジェクト」のアンバサダーに就任した。

「熊本黒毛和牛10トン救済プロジェクト」は、クロッサムモリタのオーナー森田隼人氏とTASTE LOCAL代表の篠塚孝哉氏がタッグを組み、新型コロナウイルス感染拡大の影響で出荷することができなくなった熊本の最高級黒毛和牛を販売するプロジェクト。

宮崎県出身でもある黒木啓司は、エンタテインメントで九州とアジアを盛り上げるプロジェクト「THE NINE WORLDS」を主宰しており、このプロジェクトと黒木の想いが重なり、アンバサダーを務めることとなった。

黒木は「僕も大好きな熊本・天草で育っためちゃくちゃ美味しい黒毛和牛を、皆さんにお買い求めいただき、一緒に熊本・九州を盛り上げていければと思います」との意気込みを述べている。

現在、TASTE LOCALでは森田氏とミシュランビブグルマンを獲得した焼肉店を経営する「たなか畜産」で育てられたブランド牛「もりたなか牛」のほか、一般流通されないステーキや焼肉セット、ローストビーフなどが販売中だ。

◆TASTE LOCAL
この記事をツイート

この記事の関連情報