DIRTY FOUR EYES、レトロな80sサウンドとハイファイを融合させた3カ月連続リリース第一弾『ネズミ捕り』

ツイート

DIRTY FOUR EYESが、3ヶ月連続のリリースとなる新曲『ネズミ捕り』をリリースした。

DIRTY FOUR EYESは、ジャンルの垣根を飛び越え新感覚のサウンドを生み出している自称進化系(クソメガネ)オルタナティヴ・ロックバンド。福家巌(Gt.)、村上基(Tp. from 在日ファンク)、今枝“Chop”洋輔(Keys.)を中心に2018年に結成され、油布郁(Ds.)、藤野“デジ”俊雄(B. from Gentle Forest Jazz Band)を迎え、2019年に本格的な活動を開始。メンバー全員がJazzのバックグラウンドを持ち、Rock、R&B、Electronicなど様々なジャンルの垣根を飛び越えた斬新で新感覚さのあふれるサウンドを生み出している。

今作は、MotoiとChopが共に鍵盤に専念、Iwaoは終盤近くまでギターを駆使したミステリアスな音を奏でる異色の構成となっており、レトロな'80sサウンドとハイファイを融合させたスピード感あふれる楽曲になっている。

リリース情報

タイトル: ネズミ捕り
Release: 2020.4.29
Format: Digital
Label: FRIENDSHIP.
Track:
1. ネズミ捕り
配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/nezumitori
この記事をツイート

この記事の関連情報