Kotaro Saito、ステイホームで安らぎと温かみを感じさせてくれる内山肇とのコラボ作品「Primavera」

ツイート

Kotaro Saitoが、Amazon「ライオン」篇など万を超えるCM音楽を作曲してきた内山肇とのコラボ作品となる新曲「Primavera」をリリースした。

愛する花や多幸感に溢れる世界をクラシックギターで絵画的に描写し、Kotaro Saitoの現代的なビートと、伝説的なアナログシンセサイザー「Roland Jupiter-8」などの優しさに満ちたサウンドが絶妙に溶け合う。一音の質感に徹底的にこだわり抜いたこの曲は、ステイホームが叫ばれる現代のモーニングタイム、メディテーション、チルタイムなど様々なシーンに安らぎと温かみを感じさせてくれる。

GWのおうち時間を彩るべく、アートワークを手がけたNoLによる「Primavera」の塗り絵や内山が手がけるギタースコアを無償配布も行い、音楽の世界を感じながら、自分の心と向き合う時間を提供してくれるだろう。

7月には、内山肇とKotaro Saitoの連名でフルアルバムをリリースする予定とのこと。

リリース情報

タイトル: Primavera
Release: 2020.4.29
Format: Digital
Label: Primo Records Ltd., MuLogica
Track:
1. Primavera
配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/Primavera
この記事をツイート

この記事の関連情報