フラカン鈴木圭介、エッセイ集『深夜ポンコツ』で尾崎世界観、角田光代との対談も

ツイート


フラワーカンパニーズ鈴木圭介のエッセイ集『深夜ポンコツ』が、5月末に発売されることが決定した。

◆エッセイ集『深夜ポンコツ』画像

前作エッセイ『三十代の爆走』(2008年刊行)に続く第2弾となる今作は、『三十代の爆走』未収録の2008年〜2011年にフリーペーパー「JUICE」で連載・掲載されたコラムに加え、新たに新作を書き下ろした。そのほかにも、鈴木の脳内で全て展開される「一人インタビュー」、代表曲「深夜高速」誕生の日々を綴った「深夜高速の頃」、結成からメジャーデビューまでを綴ったフラカン版「スタンド・バイ・ミー」といった長篇エッセイなど、初出しエピソード満載の新作を多数収録。さらに、クリープハイプ・尾崎世界観、作家・角田光代との対談や、The Birthday・クハラカズユキ、怒髪天・増子直純、SA・TAISEIらとの革ジャン談義など、鈴木圭介節満開の一冊であるようだ。

5月末の発売に先駆け、ウェブメディア「cakes」にてエッセイ集収録のコラムを5月1日より期間限定で先行公開することが決定した。また、Amazonでは本日4月30日(木)より先行予約もスタートしている。



  ◆  ◆  ◆

【推薦コメント】
なんだか全力で生きたくなった、生きててよかったって言える日を僕も探したくなった。──山里亮太氏(お笑い芸人)

ライブにも行きたくないぐらいに絶望していたあの頃、どうしてもフラカンを生で見たくて、なけなしのお金でチケットを取った。(対談より)
──尾崎世界観氏(ミュージシャン)

暗さが明るさに、汚さが美しさになるような。この世界はなんと生きるに値するものなか説得されてしまう。(対談より)
──角田光代氏(小説家)

  ◆  ◆  ◆

■書籍『深夜ポンコツ』

著者:鈴木圭介
定価:本体1,727円+税(税込1,900円)
四六判並製/256ページ
出版元:左右社

<目次>(*題目、収録順など変更になる場合があります)
深夜高速の頃
*コラム
くねくね事件の巻
自転車おばさんの巻
省略の巻
素朴な疑問の巻
腸内百景の巻
便所ノックの巻
どん兵衛の巻
犬と猫の巻
血液型診断の巻
効くCMの巻
なで肩男子の巻
老~いの巻
バイオレンスの巻
海の男の巻
SA-YOUの巻
心のユートピアの巻
エンケンさんの巻
助六寿司の巻
切り替えの巻
自然と私の巻
旅慣れの巻
自意識過剰の巻

ひとりインタビュー
 革ジャン問題
ガラ圭新聞 第1号
 「The Birthday クハラカズユキくんの赤い革ジャン」
ひとりインタビュー
 居酒屋問題
ガラ圭新聞 第2号
 「怒髪天 増子直純さんの馬皮の革ジャン」
ひとりインタビュー
 スマホ問題
ガラ圭新聞 第3号 
 「SA TAISEIさん、王道の革ジャン」
*童話「月と太陽」
 誰も弾かないピアノ
 13歳のカセットテープ
 スタンド・バイ・ミー
*対談
 ×尾崎世界観 歌い続けるために
 ×角田光代 言葉はどこから生まれるのか
*付録 鈴木圭介脳内辞書
 父の鼻歌
 50歳の巻
 ハイエースの轍

■ウェブマガジン「cakes」で傑作コラムを特別公開
2020年5月1日(金)12時~(期間限定連載公開)
URL https://cakes.mu/posts/29811

■Amazon 予約開始
https://www.amazon.co.jp/dp/4865282750/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_BeaQEbCFRN71X
この記事をツイート

この記事の関連情報