細野晴臣が愛用するJazz Bassを再現したシグネイチャーモデルがFenderから発表

ツイート

日本を代表する作曲家、プロデューサーの一人である細野晴臣のシグネイチャーベースがFender Custom Shopより登場。フェンダーミュージックが、「Haruomi Hosono ’66 Jazz Bass Journeyman Relic」のリリースを発表した。


▲Haruomi Hosono ’66 Jazz Bass Journeyman Relic

「ベースといえばフェンダー」であり、「自分にとっての定番はJazz Bass」と語る細野晴臣が、「今後このモデルを活かしたライヴやレコーディングを行っていきたい」と評する自身のシグネイチャーベース「Haruomi Hosono ’66 Jazz Bass Journeyman Relic」が、フェンダー最上級の楽器を製作するFender Custom Shopから発表された。70年代から数々のレコーディングやライヴで愛用してきた本人所有のJazz Bassが、Fender Custom Shopの高度なクラフトマンシップによって再現される。


厳選した上質なアルダー材をボディに、ネックには細野が所有するオリジナルモデル同様の柾目に木取られたハードメイプル材を使用。指板材にはFender Custom Shopスタッフによって落ち着いた色味のローズウッドがセレクトされている。

ボディカラーには、フェンダーベースで最も代表的な3トーンサンバーストをニトロセルロースラッカーでフィニッシュし、Fender Custom Shopで最も人気の高いJourneyman Relic加工で仕上げた(Journeyman Relic:エイジド加工の一種。何人もの持ち主を渡り歩いたイメージで、通常のRelicに比べ大切にメンテナンスされてきたことを想定した、程度の軽い打痕や傷、塗装の剥がれなどが施される)。ハードウェアは50~60年代よりメイン工場で使っているフェンダーオリジナルの機械によって成型したパーツを使用、そして本人所有モデルと同じ70年代のフェンダーベースに主に使われていた順巻きのチューナーを搭載する。


ネックシェイプにはマスタービルダー、ジェイソン・スミスが来日した際に細野所有のオリジナルモデルを細部にわたり計測したスペックをスミス自身による監修の下チームビルトで完全再現。

そしてピックアップはFender Custom Shop創設期のメンバーの一人としてすべてのフェンダースタッフが絶大な信頼を置いていたジョージ・ブランダが当時の仕様を再検証し、Fender Custom Shopの熟練スタッフによって当時と同じ製法で入念にハンドワイヤリングされたヴィンテージスペックを踏襲することでオーセンティックなトーンを実現した。


その他、印象的なTelecasterのドーム型ノブ、シングルグルーブのブリッジサドル、本人同様オレンジドロップのキャパシターなど細部に至るまで可能な限り再現されている。



▲細野晴臣
1947年東京生まれ。音楽家。1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント、エレクトロニカを探求、作曲・プロデュース・映画音楽など多岐にわたり活動。

製品情報

◆Haruomi Hosono ’66 Jazz Bass Journeyman Relic
付属品:デラックスハードケース、ストラップ、正規製品認定書
価格:600,000円(税別)
国内販売方法/時期:全国のFender Custom Shop取扱店までお問い合わせください。

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報