YOSHIKI、HIDEの命日に追悼生配信

ツイート

HIDEの23回忌となる5月2日、YOSHIKIがニコニコチャンネル内『YOSHIKI CHANNEL』で『HIDE MEMORIAL』と題した生配信をロサンゼルスより行い、HIDEを偲んだ。

◆関連画像

例年HIDEの命日には酒を飲んで1人で思いっきり泣いて過ごしているYOSHIKIだが、今年は自ら自粛を呼びかけ、墓参りに行けないファンを思いやり、生配信を通じ共に追悼することに。

2人の出会いは、別のバンドで活動していたHIDEの噂を聞きつけたYOSHIKIが興味を持ちライブを見に行ったのが始まり。「ステージで生肉をかじってて‟何、コノ人…”って、ちょっと危ない人」というのがYOSHIKIのHIDEに対する第一印象だったそうだ。と同時に、HIDEとバンドを組む運命を感じた、ともいう。

2人は友達関係になり交流を続けるうち、YOSHIKIはどうしてもXにメンバーとしてHIDEを欲しいと思うようになった。HIDEのバンドの打ち上げに単身乗り込み、リーダーだったHIDEをメンバーの前で「Xに入りなよ!」と、正面突破で引き抜こうとしたエピソードを「直観と本能。自分は直球しか投げられない」と笑いながら語った。

その後、HIDEのバンドが解散し、HIDEがXの打ち上げに来て、いきなり「オレ、Xに入るよ」と宣言。「バンド解散後は美容師になる」と言っていたHIDEのまさかの発言には、場が静まり返ったという。静寂が10秒ほど続いた後、一転して盛り上がり、みんなで飲みまくったそう。その時の様子を「漫画みたいだった」と回想した。

バンドメンバーになった後も、HIDEはYOSHIKIにとって親友だった。一緒に無茶な事もたくさんしたが、将来の事など真面目な話を語り合う「二人会議」もよく行った。


他にも、HIDEは食事の時にYOSHIKIの食べる魚の骨を取り除いてくれたりする“お母さん的存在”だったこと、金髪が珍しい時代に2人きりで東京ディズニーランドに行き「あんまり目立たないでください」と注意されたこと、Toshlのラジオの生放送に乱入してスタジオで火を噴いたことなど、数えきれないHIDEとの思い出話を披露した。

そして現在YOSHIKIが積極的に行っているチャリティ活動は、実はHIDEの影響もあった、と告白。HIDEは‟メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン”を通じて、難病の少女のサポートをしていた。突然他界してしまったHIDEの想いを引き継いでYOSHIKIがその後にサポートを続けたことが、慈善活動を熱心にするきっかけのひとつになった、と語った。

「僕がバンドに誘わなかったら、今でもHIDEは生きてたかもしれない……。次にHIDEに会えるのはいつになるんだろう」と話し始めたYOSHIKIは、「僕はこの世界で、音楽を通してまだやらなければならないことがある。なぜか自分はまだ生きている。自分が生きてる意味があるうちは、HIDEのところには行けない。HIDEやTAIJIの夢も背負ってるし、ファンのみんなの為にも頑張らなきゃいけない」と、涙ながらにHIDEへの想いを溢れさせた。

自身のインスタグラムには、「Miss you #HIDE.22 years and a day since your departure. #RIP 旅立った日から...から22年と1日。#yoshiki #xjapan」と、HIDEが愛用していたギターを持つ写真を上げている。

5月16日に予定されている次回の生配信では「僕が考える‟コロナウィルス終息後のエンターテインメント業界の未来”について語りたい」と予告。真面目な話題だけでなく、笑えるような企画も計画中とのこと。「これからは、心のケアが必要になってくる」というYOSHIKIの考える未来は、どんな景色なのだろうか。

『YOSHIKI CHANNEL』

米国外出禁止令から2ヶ月 YOSHIKI LA自宅からセルフ配信 PART4
5月16日 午後7時から
https://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1895321
※全編ご覧になるには、YOSHKI CHANNNEL有料会員登録が必要です。

◆『YOSHIKI CHANNEL』
この記事をツイート

この記事の関連情報