パスピエ、歌詞・構成ともに回文構造の「202 OTO 505」発表

ツイート

パスピエが本日5月5日(火)、「202 OTO 505」と題した楽曲をYouTubeで公開した。

◆パスピエ動画、画像

歌詞、構成ともに回文構造を持つ「202 OTO 505」は、2020年5月5日を“20200505”とデジタル数字にすると左右対称になるという成田ハネダ(Key)のアイデアから制作された楽曲だ。当初は同時にライブイベントの開催も予定していたというが、実施が難しい状況を受け、そのライブを綿密にシミュレーションしてメンバー個々でリモート収録。楽曲の完成に至ったそうだ。


なお、その模様を収録した“シミュレーション Live audio『TUI』”をストリーミングで聴くことができるデジタルチケットの限定販売も本日よりスタートする。オフィシャルファンサイト「P.S.P.E」の会員向けの“meeting版”として、この音源に合わせてメンバーがそれぞれの自宅から近況や今作の制作過程、今後についてなど自由に語ったリモート収録映像も販売される。

これまで、アルバム『わたし開花したわ』『ONOMIMONO』『&DNA』を発表するなど、回文とは何かと縁をもつパスピエ。成田ハネダは今回の作品について次のように述べている。

   ◆   ◆   ◆

■成田ハネダ(Key)コメント、メッセージ

そもそもは、思いつき。

5月5日、20200505をデジタル数字にしたら左右対象じゃないか!と。
これまで回文作品(?)を制作してたバンドとしてはこの日に何かできたらな、と考えてました。

YouTubeで公開する予定の「202 OTO 505」は
歌詞、メロディー、リズム、コード、アレンジを全て対称にするという試みで取り掛かった曲です。

特定の日にちに目掛けて音楽を作っていくのは、ライブもまた同じくということもあり、
公開日である5月5日、実は今回の音源作品と同名のTUIというライブを企画していました。

日程のみ発表、何をするのか詳細等は後日改めて、という段取りで進めていたのですが、
周知の通り日々変わる状況の中、開催発表もしないという判断に至りました。
ただ、この宙に浮いてしまった日に、音を同時に共有するのは難しくても作品は残せるのではと思い、
本来するはずだったセットリストをリモート録音、そして完成までをメンバー自身で手掛けて作りました。

音源作品としたのは、対個人に向けての意味合いを濃く感じれたこと、また、ライブが普通にできるようになる日に向けて、
映像は余白として想像を広げてもらえたら、という期待を込めました。
シミュレーションlive audio 『TUI』、楽しんでいただけたらと思います。

   ◆   ◆   ◆

「202 OTO 505」

2020年5月5日(火)0:00公開
https://www.youtube.com/watch?v=iCSe_fvN9lQ&feature=youtu.be

“シミュレーション Live audio『TUI』” デジタルチケット販売

販売期間:2020年5月5日(火)12:00〜5月10日(日)23:59
ストリーミング視聴可能期間:2020年5月5日(火)20:00〜5月11日(月)23:59 [7日間]
販売サイト: https://tookabase.com/shop/pspe

“TUI” ライブ音源のみ:10曲 / ¥1,000(税込)

当初5月5日に同名のライブで演奏する予定だった曲をメンバー自身によるリモートレコーディングで音源にしました。
ただこの作品のベクトルはライブではなく、音源作品としての表現であり、その分、1対1の要素を多く届けれたらいいなと思っています。(成田ハネダ)

“TUI + meeting” ライブ音源+メンバートーク映像ver:10曲 / ¥1,000(税込)
※パスピエオフィシャルファンサイト“P.S.P.E” 会員限定販売

当初5月5日に同名のライブで演奏する予定だった曲をメンバー自身によるリモートレコーディング収録で音源にしました。
今回の音源に合わせて、meeting版として映像にてメンバーも参加し、近況や今回の制作過程、今後について話しています。(成田ハネダ)

この記事をツイート

この記事の関連情報