ポール・マッカートニーとリンゴ・スター共作の未発表曲デモがオークションに

ツイート

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが90年代初めに共作したと言われる未発表曲「Angel In Disguise」のデモを収録したカセットテープが、オークションに出品された。

◆ポール・マッカートニー、リンゴ・スター画像

同曲はリンゴが1992年に発表したアルバム『Time Takes Time』のために作られたが、結局、アルバムには収録されなかった。

テープはRadio LuxembourgのDJだったTony Prince氏が売りに出し、収益の4分の1が新型コロナウイルスに対応するNHS(英国の国民保険サービス)のチャリティ活動COVID-19 Urgent Appealに寄付され、残りはPrince氏のプロジェクトUnited DJsの活動資金に充てられる。

テープには「Angel In Disguise」のデモ2ヴァージョンおよびリンゴが歌う「Everyone Wins」のデモが録音されているという。詳細はオークション会社OMEGA AUCTIONSのサイト(Omegaauctions.co.uk/)まで。



オークションは現地時間5月19日午前10時半(日本時間午後6時半)に同サイトにてオンラインで開催され、カセットテープは1~2万ポンド(約133~266万円)の予想落札価格が提示されている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報