全英チャート、ドレイクが3度目のアルバム/シングル制覇

ツイート

今週のUKチャートは、ドレイクがアルバム、シングル両方で1位に輝いた。アルバム・チャートでは、新曲に加え、過去にSoundCloudで公開したものやインターネットでリークした曲を収録した新ミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』が初登場で1位を獲得。シングルは4月にリリースされた「Toosie Slide」が5週目にしてトップに昇りつめた。

◆ドレイク画像、動画

ドレイクが全英アルバム・チャートの1位に輝くのは、『Views』(2016年)、『Scorpion』(2018年)に続き3度目。シングルは6枚目で、全英チャートを制覇するのはこれで3回目となる。2016年5月にアルバム『Views』とシングル「One Dance」が、2018年7月にアルバム『Scorpion』とシングル「In My Feelings」が同時期に1位を獲得した。




アルバム・チャートの2位は、デュア・リパの『Future Nostalgia』が先週の1位から後退。ルイス・キャパルディの『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が2位から3位へ同じく1ランク・ダウンした。今週新たにトップ10入りしたのはドレイクのみだったが、先月3位に初登場したザ・ストロークスの最新作『The New Abnormal』が、ヴィニール盤がリリースされたことで先週の86位から4位に大きく再浮上している。

シングル・チャートの2位は、アメリカ人の女性シンガー/ラッパー、ドージャ・キャットの「Say So」が先週の10位から8ランク・アップ。同じくアメリカ人の女性ラッパー、ミーガン・ジー・スタリオンの「Savage」が22位から3位に急上昇し、彼女にとってUKで初のトップ10ヒットとなった。

今週はこのほか、ロディ・リッチをフィーチャーしたダベイビーの「Rockstar」が6位、TikTokで人気を博すS1MBAの「Rover(ft. DTG)」が7位、MoStackをフィーチャーした英国人のラッパー/プロデューサーAJ Traceyの「Dinner Guest」が8位、Giveonをフィーチャーしたドレイクの「Chicago Freestyle」が10位と計5曲が新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報