ケラーニ、「これまでで最も成熟した」ニュー・アルバムをリリース

ツイート

ケラーニのニュー・アルバム『イット・ワズ・グッド・アンティル・イット・ワズント』が5月8日(金)にリリースされた。2017年の『スウィートセクシーサヴェージ』に続く、2枚目のフル・アルバムとなる作品だ。

◆ケラーニ動画、画像

今作には、先行シングル「トクシック」「エブリバディ・ビジネス」「F&MU」をはじめとする15曲を収録。フィーチャリング・アーティストとして、ジェネイ・アイコ、ラッキー・ダイエ、ジェイムス・ブレイク、トリー・レーンズ、マセーゴが参加している。

“Quarantine Style”と銘打たれた「トクシック」のミュージック・ビデオは、ケラーニ自身が自主隔離生活中に撮影・編集を手掛けたという作品で、再生回数は公開から約1か月半で350万回を突破。続いて公開された「エブリバディ・ビジネス」と「F&MU」のビデオもそれぞれ200万再生、150万再生を突破するなど注目を集めている。





▲『イット・ワズ・グッド・アンティル・イット・ワズント』ジャケット

ケラーニはアルバムについて、「今作は間違いなく、私にとってこれまでで最も成熟した作品だわ。 随分正直で、多少暗いの。私の初期の作品の多くは、とても明るかったけど、『イット・ワズ・グッド・アンティル・イット・ワズント』は一層セクシーな仕上がりだわ」と、次のように述べている。

「ミュージシャンの全ては実体験から来るものよ。どんな経験であれ、それが音楽に反映されるはず。私も子どもができてから、より女性らしくなり、“大人”になったの。その分、音楽にもより深みが出ているわ。私の娘は私のする全てのことに最も大きな影響力を及ぼすの。もし今作が大人っぽく聴こえるなら、それは娘のおかげよ」

ニュー・アルバム『イット・ワズ・グッド・アンティル・イット・ワズント』|『It was good until it wasn’t』

2020年5月8日(金)配信開始
https://Japan.lnk.to/Kehlani_IWGUIWPu
1. Toxic / トクシック
2. Can I (feat. Tory Lanez) / キャン・アイ(feat. Tory Lanez)
3. Bad News / バッド・ニュース
4. Real Hot Girl Skit / リアル・ホット・ガール・スキット
5. Water / ウォーター
6. Chang Your Life (feat. Jhene Aiko)  / チェンジ・ユア・ライフ(feat. Jhene Aiko)
7. Belong To The Streets Skit / ビロング・トゥ・ザ・ストリーツ・スキット
8. Everybody Business / エブリバディ・ビジネス
9. Hate The Club (feat. Masego)  / ヘイト・ザ・クラブ(feat. Masego)
10. Serial Lover / シリアル・ラヴァー
11. F&MU / F&MU
12. Can You Blame Me (feat. Lucky Daye)  / キャン・ユー・ブレイム・ミー(feat. Lucky Daye)
13. Grieving (feat. James Blake)  / グリーヴィング(feat. James Blake)
14. Open (Passionate)  / オープン(Passionate)
15. Lexii’s Outro / レックシーズ・アウトロ
この記事をツイート

この記事の関連情報