【コラム】ラッパーが繋ぐ「TOKYO DRIFT FREESTYLE」〜BARKS編集部の「おうち時間」Vol.035

ツイート


新型コロナの影響により外出自粛の状況が続く中、国内外の数々のラッパーがTERIYAKI BOYZの楽曲「TOKYO DRIFT」をビートジャックする企画「TOKYO DRIFT FREESTYLE」をYouTubeで公開している。本稿では、そのいくつかの動画をピックアップする。

  ◆  ◆  ◆

88rising所属のラッパー、リッチ・ブライアンが3月末に始めたこのチャレンジでは、以降、様々なアーティストがフリースタイル動画を公開している。



日本からは、発売されたばかりの1st Album『LIFE IS WAVY』も最高のJP THE WAVYをはじめ、日本のヒップホップ・シーンを牽引するANARCHYやAWICHも参加。さらには、Leon Fanourakisといった新星も88risingのYouTubeチャンネルから動画を公開している。また、「チャイニーズ・ミーゴス」とも評価されるヒップホップ・クルー、HIGHER BROTHERSもこのチャレンジに登場している。






リリックにアーティストの個性が表れるのはもちろんのこと、プライベートの様子も垣間見えるそれぞれの映像表現もこのチャレンジならではだろう。SWAY、lyrical schoolなども続々と参加してファンを楽しませており、また、公開されたばかりの重盛さと美の動画の出来栄えに、ラッパーとしての彼女の動向が気になっている。





文◎堺 涼子(BARKS)

この記事をツイート

この記事の関連情報