コリィ・テイラー、ギター・オークションで約1,600万円の救援金を調達

ツイート

スリップノット/ストーン・サワーのフロントマン、コリィ・テイラーが、新型コロナウイルスの救済活動を支援し開いたチャリティ・オークションで、総額15万ドル(約1,600万円)の寄付金を集めた。

◆コリィ・テイラー画像

テイラーは4月終わり、「俺が使い、サインを入れた13本のギターをオークションにかけることで、@directreliefのCOVID-19に対する取り組みへの支援金を調達する」と、オークション・サイトeBayにギターを出品していた。

オークションは現地時間5月7日に終了し、『LOUDWIRE』によると、ギター13本に対し全体で800近くの入札があり計75,000ドルで落札され、eBay社が行なっているチャリティ・キャンペーンeBay for Charityからの寄付と合わせ総額15万ドルがDirect Reliefへ贈られることになったという。同団体は、貧困や緊急事態に苦しむ人々の健康と生活を支えるため、欠かすことができない医薬品などを提供している。

テイラーのオークションでは、Ibanez SDGRベース・ギター、Gibson Les Paul Sunburstギターなどが人気を集めていた。

現時点、まだテイラー本人からコメントはなされていない。

先月、トニー・アイオミもeBayで、医療従事者たちを支援するため、ギターやCDなどをチャリティ・オークションにかけていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報