<日比谷音楽祭>スタッフへの補償クラウドファンディング、追加リターンが決定

ツイート

クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて募集中のプロジェクト『日比谷音楽祭2020|開催中止で仕事を失ったスタッフへサポートを』は、多くの支援を受け開始10日で第1目標としていた支援総額400万円を達成。現在はネクストゴールの800万円(スタッフ一人あたり2万円以上の補償)を目標として募集を継続中だ。将来的にサードゴールの1千万円まで達成することができれば、スタッフ一人あたり2.5万円の補償が可能となる。

プロジェクトの主旨に賛同した企業からの提供で実現した追加リターンは、株式会社山野楽器から、ギター、ウクレレ、ドラム、キーボード、トランペット、フルート、オカリナなどの楽器とその無料レッスンのセット。株式会社旺文社からは、人気書籍シリーズ『学校では教えてくれないこと』の中から亀田誠治が子どもたちのためにセレクトした4冊と、亀田誠治コラボ商品(サイン付き)を

その他のリターン、詳細はクラウドファンディングサービス「READYFOR」にて。本プロジェクトは2020年6月22日23:00までの受付となる。



■追加リターン一覧

■協力企業から提供された追加リターン(敬称略)
・江崎グリコ株式会社:可愛いプレゼントセット(お菓子) 追加300セット
・株式会社旺文社: 「学校では教えてくれないことシリーズ」亀田誠治セレクト4冊+亀田誠治コラボ商品 50セット
・シュア・ジャパン株式会社:SHUREオリジナルグッズ 2セット
・株式会社山野楽器:楽器+無料レッスン 計38セット

■5月13日追加リターンコース
・笑福袋 forKIDS(学)コース
・笑福袋 (集)コース
・笑福・楽器スタート(奏)コース
・笑福・楽器スタート(アコギA)コース
・笑福・楽器スタート(アコギB)コース
・笑福・楽器スタート(ウクレレ)コース
・笑福・楽器スタート(ドラム)コース
・笑福・楽器スタート(鍵盤)コース
・笑福・楽器スタート(アコギC)コース
・笑福・楽器スタート(エレキ)コース価格
・笑福・楽器スタート(管)コース


■クラウドファンディング 詳細

プロジェクト名:「日比谷音楽祭 2020|開催中止で仕事を失ったスタッフへサポートを」
募集期間:2020年4月20日~6月22日23:00
URL:https://readyfor.jp/projects/HMF2020

◆クラウドファンディング「日比谷音楽祭 2020|開催中止で仕事を失ったスタッフへサポートを」詳細ページ
◆<日比谷音楽祭 2020> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報