ローランド、最新シンセのサウンド・エンジンをソフトウェア化したプラグインシンセ「ZENOLOGY(ゼノロジー)」

ツイート

ローランドから、同社の最新シンセサイザーに搭載されているサウンド・エンジン「ZEN-Core」をソフトウェアで実現したプラグイン・ソフトウェア・シンセサイザー「ZENOLOGY(ゼノロジー)」が登場した。PCを使った音楽制作で高品位なサウンドを楽しむことができ、さらにシンセサイザー・キーボードなどローランドの電子楽器とのシームレスな音色互換性を実現するソフトウェアで、サブスクリプション・サービスで提供される。


▲ZENOLOGYの音色設定画面。バーチャル・アナログやPCMなどの異なるオシレーター・タイプをシンクをさせたり、クロスモジュレーションさせて使用することが可能。ローランドのヴィンテージ・オシレーターやフィルターを使ったサウンド・メイクも行える。

「ZENOLOGY」は、「JUPITE-X」や「FANTOM」「MC」シリーズに搭載されるローランド最新の「ZEN-Coreシステム」の高品位なサウンドや表現力を、パソコンと(Windows/Mac)とDAWを使った音楽制作環境で楽しむことができるプラグイン・ソフトウェア・シンセサイザー。多彩なバリエーションのシンセサイザー音色、ピアノや弦楽器、管楽器などをのアコースティック楽器の音色を網羅。リズムにはアコースティック・ドラムから「TR-808」など人気リズムマシンの音色までも収録。合計3,000を超える音色を揃え、さまざまなスタイルの楽曲製作に対応する。


▲膨大なサウンドを揃えた「ZENOLOGY」の音色ライブラリー画面

音源はバーチャル・アナログと高品位なPCMを搭載、内蔵サウンドを自在に組み合わせた構成豊かな音作りも可能。ヴィンテージ・モデルとして評価の高い「CE-1」や「SDD-320」としった多彩なエフェクトも搭載する。さらに今後は、これらプリセット音色に加えて音色ライブラリー「サウンドパック」を継続的に提供されるので、常に最新で即戦力の音色を使用することができる。

“進化するプラグイン・シンセ”として継続的なアップデートが予定されているのも「ZENOLOGY」の大きな特徴。「JUNO-106」「SH-101」をはじめとする人気のヴィンテージ・シンセサイザーを再現した「Model Expansionsシリーズ」や、「ZEN-Coreシステム」のすべてのパラメーターをエディットできる上位バージョン「ZENOLOGY Pro」などがリリースされる予定だ。


▲今秋提供開始予定の「ZENOLOGY Pro」では、ZEN-Coreシステムのすべてのパラメーターをエディット可能。

▲今後追加予定の音源「Model Expansions」シリーズのイメージ。

さらに「ZENOLOGY」は、「JUPITE-X」をはじめとする、新開発の「ZEN-Coreシステム」を搭載したハードウェア製品とのシームレスな音色互換も実現。たとえば、楽曲制作時に「ZENOLOGY」でサウ製した音色データを「JUPITER-Xシリーズ」に転送してバンドで演奏したり、ステージピアノ「RD-88」に転送してピアノの弾き語りの際にシンセ・サウンドを加えたりすることが可能だ。

「ZENOLOGY」を使用するには「Roland Cloud」からのサブスクリプション(毎月の定額課金)サービスへの申込みが必要となる。「Roland Cloud」は、高品位な音色ライブラリーなど多彩なコンテンツを提供するウェブサイトで、2017年より展開されているが、「ZENOLOGY」のデビューに合わせ日本語でのサービスが開始された。使用するコンテンツの内容に応じて3種類のプランが用意され、月額2.99USドルから利用が可能だ。


▲「Roland Cloud」は、音楽制作用の高品位なプラグイン音源やソフトウェアを提供するクラウド・ベースのコンテンツ・サイト。歴代のローランド・シンセサイザーや人気リズムマシンの数々を網羅する「Legendaryシリーズ」や、各時代の音楽シーンを彩ったサウンドを集めた「Anthologyシリーズ」、アコースティック楽器の表情豊かな音色を高品位に再現する「Tera」シリーズなど、50以上のタイトルをラインナップしている。

プランへの申込みにはアカウント登録が必要。アカウント登録を行うと機能限定版の「ZENOLOGY Lite」(無償)が利用可能。プラン申し込み後30日間は、トライアル期間として無償で「ZENOLOGY」が使用できる。また、Roland Cloudの一部のコンテンツは、プラン申し込みの利用のほか、単品での購入も可能だ。

「Roland Cloud」の各プランと利用できるサービス内容

●Core(月額2.99USドル)
『ZENOLOGY』ソフトウェア・シンセおよび「サウンドパック」など
●Pro(月額9.99USドル)
『ZENOLOGY Pro』ソフトウェア・シンセおよび「サウンドパック」、今後追加される「Model Expansionsシリーズ」の全タイトル、「Legendaryシリーズ」の「D-50」「TR-808」など
●Ultimate(月額19.99USドル)
『ZENOLOGY Pro』ソフトウェア・シンセおよび「サウンドパック」、「Roland Cloud」の全てのプラグイン・ソフトなど
●Free(無償)
『ZENOLOGY Lite』ソフトウェア・シンセ(使用できる音色数は限定される)
※『ZENOLOGY Pro』は2020年秋頃の提供開始を予定。
※Core、Pro、Ultimateに申し込むと30日間Ultimateの全ての音色・機能を無償で試すことが可能。
この記事をツイート

この記事の関連情報