田中知之(FPM)、アートディレクター千原徹也初映画監督作の音楽を担当

ツイート

FPMこと田中知之が音楽を手がける、アートディレクター千原徹也の初映画監督作・予告がついに解禁となった。

本作は千原が“映画製作をデザイン”する「ART DIRECTION MOVIE」第1弾作品となる。本編は主演・安達祐実、音楽・田中知之(FPM)で、近日公開予定となっている。公開に先立ち、3分間にわたる「最終日」特別予告動画が完成した。


■アートディレクター千原徹也 コメント

僕は常々、20代の頃から「50までに映画監督をやります」と言い続けてきました。尊敬する映画監督・伊丹十三さんが『お葬式』で初めてメガホンを取ったのが50歳。その伊丹十三監督の初めての職業は、奇しくも同じ「グラフィックデザイナー」です。ATGのロゴや伊丹万作作品集の装丁、自身のエッセイ本の揷絵、デザインも手がけていました。

初監督した「お葬式」は予告編から、落語家が筋を話す仕組みにしたり、「ミンボーの女」で切りつけられたことまでプロモーションにし、逆境までも仕組まれたように、メディアミックスしてしまう伊丹監督の発想力に、「この人になりたい」と惹かれていきました。このプロジェクトは、アートディレクターから映画監督に転身する丨というプロジヱクトではない気がしています。伊丹十三さんのように監督、メディア、その他の肩書きをミックスしたやり方への回答です。映画という世界に向かっていくのではなく、映画をアートディレクシヨンの世界に呼び込みたいプロジェクトです。

今後このプロジェクトは、続いていきます。その第1弾として、短編映画を自主制作で作ります。安達祐実主演『最終日』。まずは、スクリーンテストとして3分の予告動画を制作しました。この予告動画は、僕の映画プロジェクトへ足を踏み入れる「狼煙(のろし)」のようなものです。本編は、公開までに、YouTubeやSNSなどで少しづつ公開され、来年2021年に本編の公開、さらには監督第2弾の制作へとつながっていきます。アートディレクターが作る映画プロジェクト、題して「ADM(ART DIRECTION MOVIE)」と名付けました。ついにスタートです。


短編映画『最終日』

2021年春公開
脚本:高田亮
監督:千原徹也
音楽:田中知之(FPM)
主演:安達祐実
千原徹也監督、第1弾「女の子の人生を応援する」ストーリー。幸せな結婚も、楽しめる仕事も手に入れることができなかった34歳、「何もない女」高島さん。その高島さんが姪っ子との出会いにより、人生が変わっていく2日間を描いた短編です。この短編は、本編公開までに、YouTubeや、SNSメディアなどを通じ、少しづつ公開されていきます。安達祐実主演+田中知之(FPM)のサウンドトラックがクロスオーヴァーする。全く新しい映画プロジェクトです。

◆「ART DIRECTION MOVIE」 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報