キッス、クルーズ延期で2021年7月以降もパフォーマンス続行

ツイート

キッスが、新型コロナウイルスの影響を受け、この秋予定していたクルーズ・フェスティバル<Kiss Kruise X>の開催を来年10月に延期した。このパンデミックにより、2021年7月に計画している<End Of The Road>ツアーの最終日も順延する可能性が高いが、いずれにしろ、来年秋にはライブ・パフォーマンスを行なっていることが確定した。

ポール・スタンレーは水曜日(5月13日)、「やあ、みんな。君たちが安全で正気を保っていることを願ってる。残念なことに、今年のKiss Kruiseは来年まで延期すると伝えねばならない」と告知するビデオ・メッセージをバンドのFacebookに投稿した。

「こんなことになるんじゃないかと思いつつも、状況は変わるかもしれないと願っていた。しかし、そうはならなかった。俺らが今年Kruiseをやりたいとどうあがこうが、規制が多すぎてどうにもならなかっただろう。“Kiss Kruise X”は“Kiss Kruise X”のままで、来年みんなに会うことになった。チケットはそのまま持ち続けてくれ。Kruiseはソールド・アウトだ。君の場所を失いたくないだろ」

A Message From Paul from Sixthman TV on Vimeo.


<Kiss Kruise X>は10月30日~11月4日、<End Of The Road>北米ツアーと南米ツアーの合間に開催されるはずだった。新日程は現時点、2021年10月とだけ告知されている。また、6月9日からスタート予定のヨーロッパ・ツアーおよび8月末からの北米ツアーに関してはまだ言及されていない。

キッス最後のツアー<End Of The Road>は、昨年の<Kiss Kruise>の最中、スタンレーにより2021年7月17日で閉幕すると告げられた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報