YOSHIKI、日経新聞からのオファーでメッセージを発信「僕らの未来を信じて。ともに。」

ツイート

YOSHIKIが5月16日の日本経済新聞朝刊でメッセージを発信する。

全面にわたるYOSHIKIの姿が掲載された紙面には「僕らの未来を信じて。ともに。」「Stay United.」という言葉とともにYOSHIKIのメッセージが添えられている。

この企画は、4月より日経が行っていた「NIKKEI STAY HOME PROJECT」へYOSHIKIが起用され実現したもの。「日経AR」アプリを紙面上の直筆サインにかざすと、YOSHIKIがロサンゼルスの自宅で撮影した特別なメッセージ動画を見ることもできる。

世界中で新型コロナウィルスの感染が広がるなか、YOSHIKIはこれまで様々な義援金の寄付やメディアを通じた感染拡大防止の呼びかけを、積極的に行なってきた。

今回の紙面でも「僕らがすべきこと、今だからできることを考えています」と自身の心境を語った上で「一緒に頑張りましょう」とエールを送っている。また、一部の国や地域では外出自粛の解除が見られ始めるものの、依然として終息の目処が立たない現状に対し「STAY HOME」に続く言葉として「STAY UNITED」を掲げ、未来を信じて一人一人ができることを考え、 団結することを訴える。

さらにメッセージ動画の中では、サスティナビリティや環境問題について触れながら「命とは何か」「経済活動とは何なのか」という言葉が「自分の心に響いている」と述べている。これらの言葉の響きを「音楽に変えて、 メロディに変えて、必ず来ると信じている明るい未来に捧げる曲を作曲したい」と決意している。最後は「皆さんの健康と安全をこころより祈っています 」というメッセージで結んでいる。

◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報