ロニー・ジェイムス・ディオ、10回目の命日に友人らから追悼の言葉

ツイート

5月16日、ロニー・ジェイムス・ディオが亡くなってから10年が経ち、ブラック・サバスの元バンド・メイト、ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードら友人たちから追悼の言葉があがった。

◆追悼の言葉

トニー・アイオミは「僕らの親愛なる友人ロニーを偲ぶ。ロニーが亡くなってから10年が経つなんて信じられない。彼がいないのはとても寂しいが、彼が忘れられることはない。そして、彼の音楽は僕らの心の中で永遠に生き続ける」と、ギーザー・バトラーは「RJD。もう10年。時が経つのは早い。君が恋しい」とつぶやき、ロニーを偲んだ。

ロブ・ハルフォードは、命日の前に「ロニーは俺にとってメンターだった。彼はステージ、ソングライティング、制作、レコーディングに100%の力を捧げていた。俺は彼を見て学んだ」「彼の声はいまでも俺らと共にある。この先もずっとそうだ。あの声の中にあるパワーと正直さは、いまだ俺をゾクゾクさせる」と『Billboard』誌に話したほか、当日、「ロニー、君を愛してる」と、追悼している。

カーマイン&ヴィニー・アピス兄弟は、彼らのコラボ・アルバム『Sinister』(2017年)に収録したディオへのトリビュート・ソング「Monsters And Heroes」のミュージック・ビデオ(それぞれの家からパフォーマンス映像)を公開した。

スコーピオンズのクラウス・マイネは、「ロニーに会うといつも俺らは笑い合っていて、俺らは自分たちのことを80年代のエヴァリー・ブラザーズと呼んでいた。彼は素晴らしい人で、驚異のシンガー、パフォーマーだった。ロニー・ジェイムス・ディオは唯一無二だ。寂しいよ、ブラザー」と、『Billboard』誌に語った。

ロニーの妻でマネージャーだったウェンディさんは、「世界中のロニーの友人たちから美しい追悼の言葉がたくさん寄せられています。彼はいなくなってしまっても、忘れられることはありません」「ディオ・ファミリーは、皆さんからのメールとテキスト、優しいメッセージ、想いに感謝しています。ロニーは永遠に私たちの心の中に」とコメントしている。







Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報