オーディオテクニカ、ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスヘッドホン「ATH-ANC300TW」5月29日より発売

ツイート

オーディオテクニカは、今年1月に開催された<CES 2020>にて発表したワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「ATH-ANC300TW」を5月29日 (金)より発売する。

本製品は、高性能のノイズキャンセリング機能と高音質を両立する「QUIET POINT(R)シリーズ」初の完全ワイヤレスヘッドホン。ドライバーには、高域特性を向上するDLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を採用した専用設計φ5.8mmドライバーを搭載。さらにヘッドホン内部の体積を最適化しつつ、音導管上に超小型マイクロホンを配置することで、高精度なノイズキャンセル機能とプレミアムな音質を両立した。


また、よりノイズキャンセリング効果を高めるため、左右それぞれのヘッドホンにフィードフォワード方式のマイクロホンとフィードバック方式のマイクロホンの2基を搭載するQUIET POINT(R)ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術を採用。加えてアプリを併用すれば、カフェやオフィス、電車や飛行機など、使用するシチュエーションに合わせて3つのノイズキャンセリングモードを選択可能だ。

通信面では、Qualcomm(R) True Wireless(TM) Stereo Plusに対応しており、左右独立伝送による音切れのしにくさと、低遅延を実現。その他、周囲の音がすぐに確認できるクイックヒアスルー機能を搭載して利便性を高めるなど、ライフスタイルに寄り添うアイテムとして仕上がっている。

ビジネスでもプライベートでも、日常のあらゆる場面で快適なリスニングを体験できそうだ。


ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC300TW

2020年5月29日(金)発売予定
オープン価格(市場予想売価25,000円前後+税)

◆製品 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報