三浦透子、『ASTERISK』ダイジェストトレーラー+参加アーティストのコメント公開

ツイート

三浦透子が5月27日(水)にリリースするミニアルバム『ASTERISK』のダイジェストトレーラー映像が公開された。

◆ダイジェストトレーラー映像

初のオリジナル作品となる『ASTERISK』には、映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』の主題歌「uzu」や、『天気の子』(2019年)の主題歌「愛にできることはまだあるかい」のカバーを含む全7曲を収録。楽曲提供者には、曽我部恵一、森山直太朗、サンタラ、津野米咲(赤い公園)、澤部渡(スカート)、TENDREらが名を連ねている。


トレーラー映像とあわせて、参加アーティストと三浦透子本人によるコメントも公開されている。

   ◆   ◆   ◆

■「ASTERISK」参加アーティスト、三浦透子 コメント

■森山直太朗(M1「uzu」)
透子ちゃんの声は芯が太く、それでいて柔和で。
初めて歌った瞬間から、もう歌の景色の中で寝転がっていて、みんなを手招きしていました。
飾らない寝顔のような彼女の歌声が光みたいに全てを飲み込んでくれるような、そんな作品です。

【三浦透子コメント】
今回のアルバムで最初にレコーディングしたのがこの曲。
純粋に、音楽を作る、楽しむということを体験させてもらえました。
この曲から始められたのは幸せだったと思います。

■河野圭(M2「愛にできることはまだあるかい」)
魅力がある声というのは何故魅力があるのか説明は出来ないのですが、透子さんの声はどう考えても好きな声です。今回の曲は僕にとっては難しいお題目ではありましたが、彼女の声を聴きながら導かれる方へ行ってみたらずーっと静かに盛り上がったまま出来てしまいました。なんの気負いもなく昔からバンドを一緒にやっている人とレコーディングしている様な感覚。音楽の話も何気ない会話も僕が子供過ぎるのか彼女が大人過ぎるのかなんだかよく分からないところでバランスが取れていた様な気がしています。結局その全てが彼女の魅力なのだなと納得する今日この頃。。

【三浦透子コメント】
背筋が伸びる曲。緻密で繊細。
私の声がしっかりしていないと歌えない曲だから一番難しく、集中しながら心をあつくして歌いました。
達成感が物凄かったです。

■サンタラ(M3「蜜蜂」)
透子さんからもらったリクエストはサンタラらしいディープな曲。私達の得意な生々しいアコースティックサウンドと、少女と女性の間を行き来するような彼女の声が同居して「蜜蜂」はよりスキャンダラスになったと思う。危うい関係がビートに急き立てられて自分ではもう止めることができない感じ。それは狙っていたよりもすごくて少しぞっとしました。
──サンタラ 田村キョウコ

【三浦透子コメント】
好きだけど歌ったことのない、だから歌ってみたかったジャンルの曲。
きっと驚いてもらえるのではと思っています。
皆さんの反応が楽しみな曲の一つ。

■TENDRE(M4「おちつけ」)
透子ちゃんの歌声ってあたたかいしひんやりともしてるし、人懐っこいけど凛としている。
そんな印象に惹かれてしまいました。そんな彼女にぼくは、世界の煌めいた部分を俯瞰して眺めるような舞台をあてがおうと思いました。つい煌びやかなものに釣られてしまうときってあるじゃないですか。見つめるべきものは根元にあるきもちや心に宿っているのだと、背筋を程よくスッと伸ばしてくれるような彼女の声で語ってくれるわけです。
これがまあきもちいいんだよなあ。
『まあまあ、おちつけ』
それくらいの愛ある温度感をたのしんでもらえたら幸いです。

【三浦透子コメント】
爽やかだけど挑発的。自然と身体が動く、歌ってて気持ちいい曲。
TENDREさんが、ルンルンじゃなくてフンフンって感じ、と仰ってたのが印象的でした。

■澤部渡(スカート) (M5「波がたった」)
まっすぐに、でも多面的な表情を持つ三浦さんの声を意識して曲を作りました。
シンプルなアレンジ、アンサンブルに三浦さんの声が立ち上がる、そんな自信作になりました。

【三浦透子コメント】
澤部さんは、友達です。その澤部さんに曲を書いてもらうこと、妙な緊張があったけど、歌ってみると安心できました。
それは澤部さんの人柄を感じる曲だったからだと思います。あったかい。

■曽我部恵一(M6「ブルーハワイ」)
古いともだちへ向けた極個人的歌のつもりでしたが、ちょうど三浦さんも免許を取られたというタイミングに合致し、歌が世界を呼び込むことを再認識しました。彼女の歌はぼくのセピア色の曲を青く鮮やかに色づけてくれて、最高です。

【三浦透子コメント】
まるで見透かされているかのような曲が届いて驚きました。私の中に歌いながら浮かぶ思い出があった。
余韻にずっと浸っていたくなります。

■津野米咲(赤い公園)(M7「FISHANDCHIPS」)
超自然的な透子ちゃんの魅力に誘われ、生まれた曲です。
録音が終わって中華料理店に行きました。
透子ちゃんのエピソードトークがどれも笑えて、ピータンが美味しかったです。
また話をしよう、そんな曲です。

【三浦透子コメント】
津野さんの頭の中は際限がなくて、自由で刺激的でした。
私も負けじと色んなニュアンスを試しながら歌ったけれど、どれも上手くいったと思います。
レコーディングがただただ楽しかったです。

   ◆   ◆   ◆

「波がたった」先行配信

2020年5月15日(金)配信開始
https://lnk.to/TM_nami

「uzu」「おちつけ」先行配信

2020年4月24日(金)配信開始
「uzu」
https://lnk.to/TM_uzu

「おちつけ」
https://lnk.to/TM_ochituke

1st mini Album『ASTERISK』

2020年5月27日(水)発売
UPCH-29362(初回仕様) ¥2,000+税
※初回仕様出荷終了次第、同価格の通常仕様(UPCH-20542)に切り替わります。
1. uzu 作曲:森山直太朗 編曲:森山直太朗(映画『ムヒカ 世界で いちばん貧しい大統領から日本人へ』主題歌)
2. 愛にできることはまだあるかい 作詞/作曲:野田洋次郎 編曲:河野圭
3. 蜜蜂 作詞:田村キョウコ 作曲:田村キョウコ/砂田和俊 編曲:サンタラ
4. おちつけ 作詞/作曲/編曲:TENDRE
5. 波がたった 作詞/作曲/編曲:澤部渡(スカート)
6. ブルーハワイ 作詞/作曲/編曲:曽我部恵一
7. FISHANDCHIPS 作詞/作曲/編曲:津野米咲(赤い公園)

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

(公開日、延期未定)
監督:田部井一真  企画・プロデュース:濱潤  プロデューサー:大島新 堀治樹
撮影:中島大樹  編集:大山幸樹  音楽:石﨑野乃
製作:フジテレビ、ネツゲン、関西テレビ  協力:「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)
配給:KADOKAWA  宣伝:アンプラグド
2020年/日本/98分/カラー/ステレオ
(C) 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会
公式サイト:jose-mujica.com  Twitter:@mujica_nihonn


この記事をツイート

この記事の関連情報