ザ・ナショナル、マット・バーニンガーが10月ソロデビュー作リリース

ツイート

2017年にリリースされた7thアルバム『Sleep Well Beast』が第60回グラミー賞の最優秀オルタナティブミュージックアルバム部門を受賞した、インディーシーン最高峰のバンドであるザ・ナショナル。

◆マット・バーニンガー 関連動画&画像

そのボーカルを務めるマット・バーニンガーが、この度ソロデビューアルバム『Serpentine Prison』を10月2日(金)にリリースすることを発表し、先行シングルである「Serpentine Prison」をリリースした。


ソロデビュー作『Serpentine Prison』は、50年以上のキャリアを誇るR&B/ソウル界の生ける伝説、ブッカー・T・ジョーンズがプロデュースを手掛けている。そのほか、マット・ブリック(ザ・ウォークメン)、ウォルター・マーティン(ザ・ウォークメン)、アンドリュー・バード、スコット・デヴェンドーフ(ザ・ナショナル)、ゲイル・アン・ドロシー(デヴィッド・ボウイ、レニー・クラヴィッツ)、ベン・レンツ(ベイルート)、カイル・レズニック(ベイルート)、ブレント・ノップフ(エル・ヴァイ、メノメナ)、ミッキー・ラファエル(ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン)、ハリソン・ウィットフォード(フィービー・ブリジャーズ)、マット・シーヒー(エル・ヴァイ、ロスト・ランダー)、ショーン・オブライエンなど多くの豪華アーティストが参加している。

また、今回の発表と同時に公開された表題曲の「Serpentine Prison」のミュージックビデオは、マットの弟でありながら映像作家でもあるトム・バーニンガーと、クリス・スグロイが監督を務め、カルフォルニア州ベニスにあるスタジオ、アースター・クリエイション・センターにて撮影された。同曲についてマットは、「このシングルは、ザ・ナショナルのアルバム『I AM Easy to Find』のレコーディングの1週間後、2018年11月に書いた曲なんだよ。長い間、俺は映画、演劇その他のプロジェクトの為に誰かの頭の中にある考えや誰かの気持ちを伝える曲を書いてきた。それも好きなんだけど、俺は自分自身を掘り下げる準備ができていたし、この曲がそうやって初めてできた曲なんだ。タイトルである「Serpentine Prison」というのはロサンゼルス国際空港近くにある海に流れ込む曲りくねった水道管から取ったものなんだ。パイプの周りには人が立ち入らない様に柵で囲ってあるんだ。この曲はショーン・オブライエンとハリソン・ウィットフォード(フィービー・ブリジャーズ)と共にレコーディングし、その6ヶ月後にブッカー・T・ジョーンズがプロデュースしてくれたんだ。この曲はエピローグの様なフィーリングがしてアルバムにも同タイトルを付けて、収録曲の最後にしたんだよ」とコメントしている。


『Serpentine Prison』

2020年10月2日(金)リリース(デジタル、輸入盤CD&アナログ盤)
シングル試聴/アルバム予約リンク: https://caroline.lnk.to/Serpentine

◆マット・バーニンガー オフィシャルサイト(Caroline International)
この記事をツイート

この記事の関連情報