Ninja Tune主宰コールドカットが仕掛ける新プロジェクト、ケレケトラ!始動

ツイート

NinjaTuneを主宰するレジェンド、コールドカットが新プロジェクト、ケレケトラ!の始動を発表し、7月3日にはアルバム『Keleketla!』がリリースされることが明らかとなった。アルバムからの先行曲として「FutureToyiToyi」が現在公開中だ。

◆ケレケトラ! 関連動画&画像


このプロジェクトは多彩な人材が参加するコラボレーション企画であり、その範囲は国境を越え、ヨハネスブルグから、ロンドン、ラゴス、ロサンゼルス、インドネシアにまで及ぶ。ケレケトラ!は当初、音楽的な出会いの場として、マット・ブラックとジョナサン・モアから成るコールドカットと南アフリカの中心的ミュージシャンたちによって始められたもので、南アフリカのスタイルを強く打ち出した荒削りなジャズジブシル・シャバや、ラッパーのユーゲン・ブラックロック(映画『ブラックパンサー』のオリジナルサウンドトラックに参加)とのセッションからスタートした。

それ以降、さらなる広がりをみせ、現代のUKジャズシーンからはシャバカ・ハッチングスにジョー・アーモン・ジョーンズ、フェラ・クティに仕えた名キーボード奏者デレ・ソシミ、ロサンゼルスの伝説的スポークン・ワードの先駆者ワッツ・プロフェッツ、西パプアの活動家ベニー・ウェンダ、そして先日急逝したアフロビートの創始者トニー・アレンなどが名を連ねている。

最終的に、作品はさまざまな影響をまとめ上げた上で未来を見据えたものとなり、多様な音楽性を繋ぎ合わせ、ジャズによって色づけをした感情豊かな世界を描き出している。「Keleketla」という名称は「コール・アンド・レスポンス」に使われる「レスポンス(response)」を意味する。このタイトルが示すのは、本プロジェクトの目的である。すなわち、大陸さえも隔てた地で行われた別々のレコーディングセッションの成果を辿って、誰もが共有できる音楽的基盤を築き上げることだ。

ケレケトラ!・ライブラリーという強固なコミュニティから始まったこのプロジェクトは、音楽を中心にして密接に築き上げられた結束の輪を起点に広がっていった。南アフリカ滞在中に紹介されたレコードの数々や出会った友人たちを思い出しながらモアは言う。「音楽を愛する人たちはあらゆる場所にいて、それとともに我々は繁栄してきた」。『Keleketla!』は、コール・アンド・レスポンスの伝統を受け入れ、その先に広がる世界のあり方を見届けるようにと呼びかけている。そんな『Keleketla!』は、7月3日にリリース。国内盤CDにはボーナストラックが収録され、歌詞対訳と解説が封入される。


『Keleketla!』

2020年7月3日(金)リリース
Ninja Tune / Beat Records
国内盤CD BRC-639 ¥2,200+tax
国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説歌詞対訳冊子封入

TRACKLISTING
01. Future Toyi Toyi
02. International Love Affair
03. Shepherd Song
04. Freedom Groove
05. Crystallise
06. Broken Light
07. 5+1
08. Papua Merdeka
09. Swift Gathering
10. Future Toyi Toyi (Gqom version) [Bonus Track for Japan]

◆BEATINK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報