ミオヤマザキ、トランプで新曲リリース「曲を聴くまでの過程も大事にして欲しい」

ツイート

ミオヤマザキが、6月30日に新曲「DIY」をリリースすることを発表した。

◆ミュージックトランプ 画像

「いまどうしてる?」「ぴえん」に続き、3カ月連続でのリリースとなる本作。6月16日のインスタライブにて作曲者でもあるtaka(G)が突然思い付きの発言でリリースを発表し、他のメンバーは困惑しつつも急遽レコーディングを実施したとのこと。

5月にリリースされた楽曲「ぴえん」はルービックキューブを解くと楽曲が手に入るというものだったが、今回はトランプで楽曲が聴けるという仕組み。「ミュージックトランプ」と名付けられたそのトランプにはQRコードが216個描かれており、その中に楽曲が聴けるQRコードがひとつあるという。


リリースするだけでなく音楽の届け方に工夫を凝らすことで、より楽曲を楽しんでほしいというミオヤマザキなりのファンへの想いが込められた企画だ。このミュージックトランプは、6月30日よりオフィシャルサイトにて販売が開始する。

■mio(Vo)コメント
先月の「ぴえん」に引き続き、私たちは新曲を出します。
良い音楽を作るためにたくさん考えているのはもちろんのこと、最近私たちは、「音楽をみんなに届ける方法」をいつも考えてます。
昨今、みんな曲をリリースってなったら「リリースします!」「配信しました!」ってやりますよね。そう、リリースする形が必ずしもCDである必要がなくなってきたんです。
YouTubeに出したり、サブスクリプションで配信をしたり、SNSに貼ったり、それをみんなは聞いてくれて、広めてくれたりする。それが悪いことではない。今までより簡単に手に入って、今までより簡単に聴くことができる。
でも簡単になってしまったことに慣れて欲しくないな。て。
新曲が出るまでのワクワクとかライブのチケットが取れるかどうかの緊張とかなんかその時の気持ちをね、大切にしたいな。て。
簡単になることや、便利になることは悪いことじゃない。でもね、想像してみてください。
例えば遊園地。ガラガラな遊園地って入って楽しいですか?
それが5分、10分で乗れちゃったら、飽きませんか? ジェットコースターに何時間か並んで待つから、乗ったときの楽しさ、喜びって倍増しますよね?
その時間にいろんな話をして、ワクワクしてから乗るから楽しいですよね?
私たちは「曲を聴くまでの過程も大事にして欲しい。」そんな気持ちで「音楽をみんなに届ける方法」を私たちは考えてます。
ルービックキューブの次はトランプ。
私たちは、CD以外で日常に音楽が寄り添うような届け方をこれからも「DIY」していきます。


◆ミオヤマザキ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報