全米アルバム・チャート、フューチャーの新作が初登場1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、フューチャーの8枚目のスタジオ・アルバム『High Off Life』が初登場で1位に輝いた。フューチャーはこれでサード『DS2』から6枚全てのアルバムが全米1位を獲得したことになる。デビュー作『Pluto』(2012年)は最高8位、セカンド『Honest』(2014年)は2位だった。

フューチャーは6枚のスタジオ・アルバムほか、ドレイクとのミックステープ『What A Time To Be Alive』(2015年)も1位に輝いている。

2位には、ラッパーPolo Gのセカンド『The Goat』がチャート・イン。ファースト『Die A Legend』(2019年)の6位を上回った。全英チャートではフューチャーの『High Off Life』は5位、Polo Gの『The Goat』は6位に初登場し、Polo Gにとって初のUKトップ10ヒットになった。

3位には、3月初めに初登場1位を獲得したリル・ベイビーのセカンド『My Turn』が先週の4位から再浮上。今週新たにトップ10入りしたのは計3作あり、上位2枚ほか、シンガー・ソングライターJason Isbellと彼のバンドThe 400 Unitによる新作『Reunions』が、チャート・イン後2週目にして149位から9位へ大きく浮上した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報