YOSHI、宇宙空間で歌う「VOICE」ソロバージョンMV公開

ツイート

YOSHIが3月にリリースした新曲「VOICE」のミュージックビデオが公開された。

◆「VOICE」MV、関連動画

2020年第1弾オリジナル楽曲となる「VOICE」は、パナソニックの完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」のために書き下ろされた楽曲だ。YOSHIが作詞作曲を担当し、制作チームでジャムセッションしながら完成させた。


ミュージックビデオは、パナソニック「RZ-S50W」のCMも手掛けた柿本ケンサク監督による作品。暗い地下駐車場に広がる無限の宇宙空間の中で歌うYOSHIの姿を映し出し、彼を取り巻く“未完成な将来”、“無限の可能性”を表現している。YOSHI本人も様々なディレクションを行ない、“勢いが欲しい”、“人間の荒々しいんだけど繊細な部分を出したい”など、自身の人生観を反映した映像作品に仕上がった。




リリースされた音源にはシンガーソングライターのHeliが参加しているが、ミュージックビデオでは新たにレコーディングされたというソロバージョンを聴くことができる。

   ◆   ◆   ◆

■柿本ケンサク監督 コメント

COVID-19によって世界が一気に変化していく直前での撮影でした。
その変化を目の当たりにして、内容も日々変えていった。
みんなで価値観や自分たちの在り方をぶつけ合っていました。
このMVにはYoshiと言う17歳の人間の周りに宇宙が広がっています。
それは、紛れもなく、今の僕たちの存在そのものを意味します。
それは完成されたものでなく、完璧なものでもない。
弱さや、儚さを含んだもの。
過ぎてしまった過去は変えられないけど、その過去の価値は、僕たちが未来をどう生きるか、今をどういう声をあげるかによって変えることができる。
そんな17歳の声を聞いてください。

   ◆   ◆   ◆

Digital Single「VOICE」

2020年3月20日(金)配信開始
https://umj.lnk.to/yoshi_voPR

この記事をツイート

この記事の関連情報