坂本龍一、『エスペラント』『GREAT TRACKS』の2タイトルをアナログ盤で同時リリース

ツイート

アナログ盤リイシュープロジェクトの第4弾として、坂本龍一が1985年に発表した『エスペラント』と、新規コンピレーション盤『GREAT TRACKS』の2タイトルがアナログレコードで7月22日(水)に発売されることが決まった。

『エスペラント』は1985年10月5日に発売された坂本龍一の5作目のソロアルバム。前衛舞踏家モリサ・フェンレイの依頼によって制作された楽曲を収録し、「架空の民族音楽」というコンセプトを反映するアルバム全体の楽曲構成となっている。独特なサウンドをエンジニアに理解してもらうため、カッティングは国内で行われた。坂本龍一の最新コメントと吉村栄一氏による最新解説書が封入される。

『GREAT TRACKS』は、レーベル『GREAT TRACKS』のために選曲された4曲を12インチ45回転のアナログレコードに収録した新規コンピレーションアルバム。85年にシングル発売された『STEPPIN’INTO ASIA』、86年に発売されたアルバム『未来派野郎』から『黄土高原』『Ballet Mecanique』の2曲、さらに87年に発売されたスタジオライヴ・ヴァージョンの『BEHIND THE MASK』の4曲が収録される。カッティングはバーニー・グランドマンが担当し、株式会社ソニー・ミュージックソリューションズの静岡工場プレス盤。吉村栄一氏による最新楽曲解説と、レコーディングを担当した滝瀬茂(現レーベル・プロデューサー)による書下ろし原稿『教授との仕事』が封入される。またこのタイトルのために新たなアートワークが制作されており、後日公開される予定だ。

特設サイト(http://www.110107.com/ryuichi_sakamoto_analog)では『音楽図鑑』の制作現場に立ち会った藤井丈司氏(音楽プロデューサー)と滝瀬茂(GREAT TRACKSレーベル・プロデューサー)によるスペシャル対談第2弾が公開された。対談の内容は、すでに公開されている第1弾に引き続き80年代坂本龍一のスタジオワークを支えた藤井丈司氏とエンジニアとして参加していた滝瀬茂の両氏によって当時のスタジオ内の様子を語ったもので、音楽図鑑、エスペラントの制作時を振り返っている。

リリース情報

タイトル:エスペラント
アーティスト:坂本龍一
品番:MHJL-138
価格:3,700円+税
仕様:33 1/3RPM 12インチアナログ
発売日:2020年7月22日
発売元:ソニー・ミュージックダイレクト
完全生産限定盤
オリジナル発売:1985年
プロデュース:坂本龍一
◇吉村栄一氏による2020年最新解説書&坂本龍一コメント収録
◇Sony Music Studios Tokyoカッティング
株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ静岡工場プレス
収録内容:
SIDE-A
01: A WONGGA DANCE SONG
02: THE "DREAMING"
03: A RAIN SONG
04: DOLPHINS
05: A HUMAN TUBE
SIDE-B
01: ADELIC PENGUINS
02: A CARVED STONE
03: ULU WATU

タイトル:GREAT TRACKS
アーティスト:坂本龍一
品番:MHJL-139
価格:3,300円+税
仕様:45RPM 12インチアナログ
発売日:2020年7月22日
発売元:ソニー・ミュージックダイレクト
完全生産限定盤
プロデュース:坂本龍一
◇GREAT TRACKSプロデューサー滝瀬茂氏による『教授との仕事』&吉村栄一氏による最新楽曲解説を収録したブックレット付属
◇Mastered by Bernie Grundman at Bernie Grundman Mastering HOLLYWOOD
株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ静岡工場プレス
収録内容:
SIDE-A
01:黄土高原 (1986年発売)
02:Ballet Mecanique (1986年発売)
SIDE-B
01:BEHIND THE MASK (1987年発売)
02:STEPPIN’INTO ASIA (1985年発売)
この記事をツイート

この記事の関連情報