山口百恵、600曲以上におよぶ楽曲がサブスク解禁

ツイート

引退から40年、伝説の歌姫・山口百恵の600曲以上におよぶ楽曲が遂にサブスクリプションで解禁されることになった。

日本武道館で伝説の引退コンサートが行われたのは1980年10月5日。14歳でデビューし人気絶頂の21歳でその芸能活動に自ら幕を引きながら、今なお日本歌謡史に名を残す歌姫として愛され輝き続けるカリスマ山口百恵。多くのファンから彼女のサブスク(サブスクリプション)配信が長らく待たれていたが、この度、5月29日にサブスク配信が解禁となった。

デビューシングル「としごろ」から、「ひと夏の経験」「横須賀ストーリー」「プレイバック part 2」「いい日 旅立ち」「秋桜」「さよならの向う側」…など数々の名曲、ラストを飾った「一恵」までの全シングル。そして22枚のオリジナル・アルバム、6枚のライブ・アルバム、女優として出演したサウンドトラック・アルバム8作を加えた600曲以上がサブスク一斉配信となり、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、Google Play Music、AWA、その他主要ストリーミングサービスで聴けるようになる。

この記事をツイート

この記事の関連情報