SWAY率いるクリエイティブ集団N0IRとリーボック、3度目のコラボレーション

ツイート

DOBERMAN INFINITYのメンバーであり、アーティスト、俳優、クリエイターとして幅広く活躍するSWAY率いるクリエイティブ集団N0IRとリーボックが、昨年12月に発売したアパレルコレクションに続き、3度目のコラボレーション「Reebok×N0IR INTVL 96」を2020年6月6日(土)に発売する。また発売に先駆け、2020年5月30日(土)よりNUBIANにて先行販売する。

◆「Reebok×N0IR INTVL 96」 関連画像

N0IRはSWAYが率いるクリエイティブ集団で、グループ名になっている「N0IR」とは、フランス語で黒を意味するワードであり、カラーコードで表すと「#000000」となる。クリエイティブ集団として掲げている『0が1になる瞬間(0to1)』というコンセプトは、「0(ゼロ)」から何かが生まれる瞬間こそ、大切なはじめの一歩となることを示しており、「N0IR」の創作を支える根幹となっている。


そんなN0IRとリーボック。今作は、2017年11月に発売された「CLUB C85 SWAY」、昨年12月に発売されたアパレルコレクションに続く、N0IRとの3度目のコラボレーションとなる。今回はリーボックの代表モデル「INTVL 96」をベースとしたコラボレーションモデルが登場する。

本モデルは、ブラック、ホワイト、レッドをベースカラーに採用し、ミッドソールの内側に蛍光イエローと蛍光オレンジがアクセントとして配された、個性的なカラーリングに仕上がっているのが特徴だ。カラーリングの「組み合わせは何パターンか出してかなり考えました」とSWAYが語るように、昨年発売されたトラックパンツの裾部分に施された「Reebok」ロゴのカラーと連動しており、アパレルとの相性や着用した際を想定したこだわりのデザインとなっている。

また、左足のシュータン部分にはN0IRのロゴにも使われている「0(ゼロにスラッシュ)」が大胆にあしらわれており、ヒール部分に施された「Reebok」ロゴの“o(オー)”の部分も、アパレル同様に「0(ゼロにスラッシュ)」になっているのが特徴だ。夏に向けてスボーティーなコーディネートにも映える一足と言えるだろう。


「Reebok×N0IR INTVL 96」

●品番/カラー:FX7137/ブラック、スカーレット、ホワイト
●サイズ:23.0cm〜31.0cm ※30.5cmの展開はございません。
●自店販売価格:¥9,339(税込)
●発売日:2020年6月6日(土)
※2020年5月30日(土)よりNUBIANにて先行販売
●販売店舗:
・リーボックオンラインショップ(https://reebok.jp/classic/noir/)
・リーボックストア渋谷
・リーボッククラシックストア(原宿、HEPFIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぼーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぼーと名古屋みなとアクルス)
・リーボックフィットハブ(ららぼーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/)
・atmos-tokyo.com/KICKSLAB./NUBIAN

◆リーボック オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報