LINE、今夏より有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」を提供

ツイート

LINEが今夏より有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」の提供を行なうことを発表した。

本サービスはチケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金までを一元化させ、ブラウザ(スマホ・PC)の高画質配信(横型・縦型)にも対応しており、音楽ライブはもちろん、トークライブから握手会まで、様々なジャンルのイベントに対応可能となっている。


また、イベント当日の朝にLINE公式アカウントを通じてプッシュ通知を送るなど、LINEの各サービスと連携したプロモーションも可能だ。5月に開催したBLOCK.FESTIVAL(主催: block.fm)とコラボレーションではオンラインライブを約50万人が視聴し、当日は1,300枚以上のオリジナル応援アイテム(Tシャツ:4,000pt)が、視聴者より投げられた。

あわせて、本日5月28日から6月30日までの申込で販売手数料率が0%となる期間限定キャンペーンも開催されている。(※ 5月28日~6月30日までの期間に申込し、8月31日までに実施される配信案件、かつ初案件のみ)

リリース以降は、更なる機能追加や、海外に向けたチケット販売なども予定しているとのこと。

■有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」 概要

※各機能は開発中のため、一部変更となる可能性があります。

■チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金まで一元化
 LINEの各サービスとも連携し、事前・事後プロモーションも!
オンラインライブの実施や収益化をよりスマート化するため、チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金まで一元化を実現し、現在の環境に合った新しいビジネスモデルを提供します。
応援アイテム(投げ銭)、コメントの有無、アーカイブ期間まで、主催者が自由にカスタマイズすることも可能となっており、手軽にオンラインライブ・コンサートを導入することができます。

■充実した有料オンラインライブの環境を提供。販売手数料率0%キャンペーンも期間限定で開催
ブラウザ(スマホ・PC)の高画質配信(横型・縦型)にも対応しており、音楽ライブはもちろん、フェスから握手会まで、様々なジャンルのイベントに対応。本日5月28日から販売手数料率が「0%」となる期間限定キャンペーンを特別開催。※ 5/28~6/30までの期間に申し込みいただき、8/31までに実施される配信案件となります。初案件のみ。

*料金プランとサポート体制* ※各プランは予算・要望に応じてアレンジ可能
・セルフ配信プラン:無料
 配信機材、カメラ、Switcherをご自身で用意頂ける方

・配信スタジオプラン:20~30万円(機材・人件費込み)
 LINE社専用スタジオ利用が可能
 2~3カメ + スイッチング + 配信
 アコースティック演奏可能(ドラム持ち込み不可)

・お任せプラン:別途見積もり
 スタジオ、カメラ、スイッチング、配信までお任せプラン

*仕様詳細
画質(推奨値):1080p / Codec H.264 / 1280x720 / 30fps
音質:192kbps以上で任意に設定 AAC
同時視聴数:制限なし
最大ストリーム時間: 3時間 ※3時間以上の場合は個別にご相談となります。
画角: 横型推奨。縦型も可能。
備考: 対応配信ソフト/機器や配信に関する詳細は、別途ご連絡ください

■インタラクティブに楽しめるオンラインライブを実現。
オリジナルの応援アイテムも制作可能!
コメント機能や応援アイテム機能を活用することで、リアルタイムでインタラクティブなやりとりが楽しむことができます。また、オリジナルの応援アイテムを制作することも可能となっており、従来の一方的に映像を流す配信では感じることが難しい「一体感」「非日常感」を、そのままオンラインで体感することができます。

【先行申し込み・お問い合わせ】
URL:https://feedback.line.me/enquete/public/695-MqHpaz3I
この記事をツイート

この記事の関連情報