Taylor Guitarsの配信イベントにスティーヴィー・サラスがゲスト出演

ツイート

Taylor Guitarsが人気のイベント「Taylor Road Show」のオンライン版「Taylor Road Show Home Edition」を5月30日(土)に開催、YouTube Live、Facebook Liveで配信する。スペシャルゲストとして世界的なギタリスト、スティーヴィー・サラスの出演が決定。参加費は無料だ。

「Taylor Road Show」は、テイラーギターのボディシェイプやトーンウッドなどを解説する人気のイベントで、国内では2010年より全国の楽器店を中心に開催されてきた。2020年春には自宅で参加できるオンライン版イベントとして「Taylor Road Show Home Edition」を開催。5月23日のイベントにはTaylor Guitarsの創設者であるボブ・テイラー氏、シンガーソングライター番匠谷紗衣が出演した。

そして、今週末の30日に開催される「Taylor Road Show Home Edition」では、Taylor Guitars社認定のプロダクトスペシャリスト虎岩正樹氏を迎え、デモ演奏を交えて音の違いを解説。家にいながらテイラーギターの魅力を感じることができる。さらにスペシャルゲストとして、スティーヴィー・サラスがアメリカより出演。当日は質疑応答の時間も設けられる。

アメリカ、東京の2拠点からお届けする「Taylor Road Show Home Edition」。ファン垂涎の貴重なイベントをお見逃しなく。

Taylor Road Show Home Edition

日時:2020年5月30日(土) 14:00~
参加費:無料
出演者:
スティーヴィー・サラス
プロダクトスペシャリスト 虎岩正樹氏
※日本語通訳:虎岩正樹氏

出演者プロフィール

■スティーヴィー・サラス(Stevie Salas)
1990年にファンクやサイケ、ハードロックなどをミックスしたスタイルの自身のバンド、カラーコードと制作したアルバム『Stevie Salas Colorcode』でデビュー。ジミヘンの再来といわれ、ミクスチャーロックという言葉も生まれた。近年ではB’z のボーカリスト、稲葉浩志と「INABA/SALAS」名義でアルバムをリリース、国内ツアーも行っている。2018年に発表されたTaylor Guitarsの新しいボディ・シェイプ “Grand Pasific” のモデル「Builder’s Edition 717e WHB」を愛用。

■虎岩正樹(とらいわ まさき)テイラーギタープロダクトスペシャリスト
高校時代はバンドにのめり込み、4年間のフリーター・バンドマン時代を経て、イギリスのリーズ音楽大学へ留学。卒業後は単身渡米、カリフォルニアにあるMI Hollywood GITへ留学。卒業後は同校のギター・インストラクターに。後にインディペンデント・アーティストを育てるプログラムを同校で立ちあげ学科長に就任。アメリカで数多くの若手アーティストのキャリア育成に関わってきた。在英、在米中は自身も音楽活動を積極的に行い、数多くのライヴ、レコーディングに参加。帰国後、2010年までMI Japanの校長を務める。同校でもインディペンデント・アーティストのコンセプトを広めてきた。近年はソフトバンクアカデミア社外一期生、シルクドソレイユキャスティングパートナー、プレゼンテーションコーチ、英語研修講師、通訳、イベントオーガナイザーなどマルチに活動しているが2012年よりテイラー社のアジア担当者のアシスタントに採用され、2015 年からは日本で初めてのプロダクトスペシャリストとして日本でのロードショーを担当し、2020年5月時点で160回以上ロードショーを行っている。
この記事をツイート

この記事の関連情報