<中津川ソーラー>、開催表明「“リアル+オンライン”のハイブリッド型フェスとして」

ツイート

シアターブルックの佐藤タイジがオーガナイザーを務めるロックフェス<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>が、2020年は9月26日(土)および27日(日)の2日間にわたって開催されることは既報の通り。2020年は、“リアル”+“オンライン”のハイブリッド型フェスとして行われることが発表となった。

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN> 画像

これはコロナ禍での安全を第一に考えて、来場者のフィジカルディスタンスを意識した動員設定をして開催されるというもの。さらには、オンラインでの参加も可能となる。

エネルギー問題に対して新しい方法論を提示してきた『THE SOLAR BUDOKANプロジェクト』が挑戦する、新しい形での“ハイブリッド型フェス”に関する詳細は今後明かされていく予定だ。なお、今年のテーマは“FUTURE CHILDREN”となる。以下に同プロジェクトの公式コメントをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

【中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2020 開催にあたって】

これまで我々は「太陽光でロックする!」をキーワードに、クリーンでピースなロックフェスを目指してきました。
再生可能エネルギーだけでのフェス運営、フードコートの全てのメニューの線量表示など、“安心出来る理想のコミュニティ”としてフェスを開催し続けてきたのです。
2020年初夏、世界はウィルス感染に細心の注意を払った生活を余儀なくされています。
我々はそんな中でも音楽の力を信じて、フェスを開催する事を決意しました。
来場者の動員数に関しては今後の感染の推移によって安全な人数に限定、オンラインでも参加が可能となる“リアル”+“オンライン”のハイブリッド型フェスとして、今年の<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>を開催致します。
中津川の会場で、そしてオンラインで体感出来る、新しいライブエンターテイメントをぜひ体感して下さい。

THE SOLAR BUDOKANプロジェクト一同

   ◆   ◆   ◆

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2020>

開催日:9月26日(土)および27日(日)
*出演者情報・チケット販売詳細などは後日発表









この記事をツイート

この記事の関連情報