SUPER JUNIOR、ヒット曲満載のオンラインライブ開催

ツイート

SUPER JUNIORが、オンライン専用コンサート「Beyond LIVE」で<Beyond the SUPER SHOW>を開催した。

◆画像

「Beyond LIVE」とは、世界初のオンライン専用の有料コンサートで、SM ENTERTAINMENTが目指す新しいカルチャーテクノロジー(CT)のコンサート。これまでにSuperMをはじめ、中国グループWayV、NCT DREAM、NCT 127、東方神起など5チームが公演を行なっていた。

5月31日午後3時、「NAVER V LIVE」を通じ全世界に<Beyond the SUPER SHOW>の生中継がスタート。SUPER JUNIORのパワフルなステージと最先端技術を組み合わせ、見どころ満載のステージで世界中の12万3千もの視聴者を魅了した。


オープニングでは恒例の「SUPERMAN」で、王座に座る8人が堂々たる立ち振る舞いとパフォーマンス。この日は「Sorry, Sorry」「Mr. Simple」「Sexy, Free & Single」「MAMACITA」などグローバルなヒット曲をはじめ、SUPER JUNIOR-D&Eの「‘Bout you」「OPPA OPPA」やSUPER JUNIOR-K.R.Y.など、多彩なユニットステージで全16曲を披露。アジアだけでなく欧米や南米など全世界に多くのファンを持つSUPER JUNIORらしい、言葉の壁を越えたエンターテインメントショーとなった。

キュヒョン、リョウク、イェソンからなるSUPER JUNIOR-K.R.Yは6月8日発売予定の1stミニアルバム『When We Were Us』のティザー映像と新曲「Home」を初披露。ファンにとっても嬉しいサプライズとなった。


ファンからの質問をリアルタイムで答えるコーナーも設け、全世界のファンに笑いをプレゼント。さらにシウォンは、「(今年SUPER JUNIORは)15周年を迎え、これから先も長く続くグループにしたいです」とコメントし、ファンを喜ばせた。

他にも、オンラインで視聴しているファンのペンライトの色と効果をライブに合わせリアルタイムで変えることの出来る“ペンライトシンクプレイサービス”や、AR(拡張現実)を用いた高さ12mにも及ぶ“ジャイアントシウォン”が登場するなど、これまでのコンサートで体験することが出来なかった<Beyond the SUPER SHOW>ならではの演出で視聴者を楽しませた。


コンサート終盤、キュヒョンは「今回皆さんには直接お会いできませんでしたが、オンラインで会うことができ、より近くに感じることが出来ました」とコメント。メンバーも全世界のファンに向け各国の言葉で感謝を述べ、<Beyond the SUPER SHOW>での貴重なステージを終えた。

セットリスト

M1. SUPERMAN
M2. 2YA2YAO!
M3. U
M4. Sexy, Free & Single + Mr. Simple
M5. Home(初披露 ※SUPER JUNIOR-K.R.Y. 1st Mini Album『When We Were Us』 収録曲[6月8日 アルバム発売予定])
M6. Heads Up
M7. Devil
M8. SUPER Clap
M9. 'Bout You + OPPA OPPA
M10. MAMACITA + Black Suit
M11. Sorry, Sorry
M12. Runaway
M13. Shining Star

◆SUPER JUNIOR オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報