ナタリー・スレイド、フローティング・ポインツにより設立されたEglo Recordsより本日6月3日デビュー作リリース

ツイート

フローティング・ポインツにより設立されたEglo Recordsが新たにサインしたディーヴァ=ナタリー・スレイドが本日6月3日に満を持してデビュー・アルバムをリリースした。

◆ナタリー・スレイド 関連動画&画像

プロデュースはハイエイタス・カイヨーテのサイモン・マーヴィンが担当した大注目作となっている。本作はこれまでスティーヴ・スペイセックの作品などで素晴らしい歌声を披露してきた、オーストラリアはシドニーから登場した新たなる女性ソウル〜R&Bシンガーのナタリー・スレイドが、ハイエイタス・カイヨーテのサイモン・マーヴィンをプロデューサーに迎えソロ・デビュー・アルバムだ。


ファースト・シングルとしてリリースされたメロウネスの極みを見せつけてくれる「Humidity」を皮切りに、ハイエイタス・カイヨーテの持つオーガニックかつグルーヴィなサウンドとEglo Recordsの持ち味であるエレクトロニック〜ダンス・ミュージックの要素を融合させた先鋭的なソウルが披露された極上の1枚と言えるだろう。


『Control』

2020年6月3日(水)リリース
PCD-24926 2,400円+税
解説:小渕 晃 (元bmr編集長 / City Soul) ボーナス・トラック収録

■Track List
1. Cloud Cover
2. Humidity
3. Control
4. Gimme Ya Love
5. Love Light
6. Letter To Myself
7. I Don't Wanna Cry
8. Colour
9. There Is Light In Everything
10. Sunday Morning
11. Love Light (Holloway Remix) *
*=Bonus Track

◆ナタリー・スレイド オフィシャルサイト(Facebook)
この記事をツイート

この記事の関連情報