元Aqua Timez・mayuko、初のピアノソロアルバム発売

ツイート

元Aqua Timezのキーボード、mayukoがソロプロジェクト「88flavors」(エイティエイト フレイバーズ)を立ち上げ、初のピアノソロアルバム『Flower of PIANO Life』をリリースする。

◆『Flower of PIANO Life』トレーラー/ジャケット画像

“88”とは、ピアノの鍵盤の数。プロジェクト名には「鍵盤の数だけ個性があるように、人の数だけ個性があり、人と違っている自分を楽しめるようでありたい。鍵盤で和音を作りハーモニーを楽しむように、他の人との違いを確かめ合いながらコミュニケートすることを楽しめるようでありたい」と言う意味がこめられている。

アルバムは6月15日に先行配信され、7月15日にCDとしてリリース。収録される全12曲はすべて自宅でレコーディングされたもので、これまでInstagramに投稿していたピアノ小曲を中心に、本作制作のきっかけとなった友人であるジュエリーデザイナー・アーティストの渋谷優子の個展のために書き下ろした曲などが含まれる。mayukoのセルフプロデュース作品となり、ミックスまで自ら行なったという。

YouTubeではトレーラーが公開されたのでチェックしてみよう。



▲88flavors/『Flower of PIANO Life』

■mayuko コメント

音楽は間違いなく人の心や体に影響を与えると思っていて、私がこれからつくる全ての音楽が聴いてくれた人にとってプラスのいい影響を与えるものであるように、という願い、決意をこめています。この曲とこのアルバム全体を通して、ちょっとホッとできたり、元気になったり、集中できたり、癒されたり、日々の生活の中でそんなお手伝いができたら最高に嬉しいです。

ピアノソロアルバム『Flower of PIANO Life』

2020年6月15日(月)先行配信スタート
2020年7月15日(水)CD発売 RRCD-0008 3,000円(税込)

この記事をツイート

この記事の関連情報