小林幸子、ものまね芸人の君島遼とリモートデュエット

ツイート

小林幸子が本日6月5日(金)、芸能生活満57周年を迎えるデビュー日を記念して、ものまね芸人・君島遼とのデュエット動画を自身のYouTubeチャンネル「小林幸子のさっちゃんねる」と「ニコニコ動画」に投稿した。

◆小林幸子&君島遼 歌唱写真

小林はこれまで、自宅で歌唱した動画や、日本武道館で開催された<50周年記念 小林幸子 in 日本武道館 ~夢の世界~>の模様、薬師寺で開催された<小林幸子・世界遺産薬師寺復興祈願コンサート>の映像などを公開してきた。

今回は、フジテレビ『ものまね王座決定戦』での優勝経験もある君島と、互いの自宅で撮影した映像を使って「もしかして」をリモートデュエット。間奏部分などには、小林オリジナルの“手洗い・うがい・マスク着用”の振り付けも入っている。



小林は今後もファンからのリクエストに応える形で、歌唱動画を不定期にアップする予定とのこと。また、6月1日(月)からはInstagramにて「幸ことば」というシリーズがスタート。こちらでは小林自身が、今まで出会い影響を受けてきた言葉を筆で書く動画が公開されている。

   ◆   ◆   ◆

■小林幸子 コメント

まだまだ当たり前の日常が見えず、皆さん日々大変で頑張らなくていけない毎日を過ごしていることと思います。私自身も歌う場所が無くなり、歌手として出来ることを考える毎日です。
そんな中リクエストにもあった、このアイデアを実現したいと思いました。
君島くんに声掛けをさせて頂いたところ、ぜひに参加させてください!と快諾してくれました。
私が見ても自分にソックリで、ビックリして笑ってしまいます。ぜひ、皆さんに楽しんでくれたら嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆

◆小林幸子のさっちゃんねる
この記事をツイート

この記事の関連情報