ジャクソンから、メガデス デイヴィッド・エレフソンのシグネイチャー5弦ベースが登場

ツイート

ジャクソンのXシリーズより、メガデスのベーシスト、デイヴィッド・エレフソンのシグネイチャー5弦ベースが登場。「X Series Signature David Ellefson Concert Bass CBX V」がリリースされた。


CBX Vは、デイヴィッド・エレフソンのメインとなるコンサート・ベースのデザインを踏襲したXシリーズの5弦ベース・モデル。グラファイトで強化されたネックはメイプル材、コンパウンド・ラジアス(12”-16”)仕様のフィンガーボードはローレル材を使用。ネックとヘッドストックはホワイト・バインディング仕様で、フィンガーボードには、パーロイドのシャークフィン・インレイのポジションマークを配した。


ピックアップはEMG製の5弦用ハムバッカー「HZ40N」をフロント、「HZ40B」をリアに搭載。コントロールは、マスター・ボリュームとバランサーに加えて、ベース/ミドル/トレブルの帯域を手元でコントロールできるアクティブ・3バンド・イコライザーを組み合わせることで多彩なサウンド・メイキングが可能だ。ブリッジは重厚なHiMassブリッジを採用し、ヘヴィなロー・エンドを獲得している。カラーはクイックシルバーで、ブラックで統一されたハードウェアと組み合わせている。

製品情報

◆X Series Signature David Ellefson Concert Bass CBX V
価格:オープン
発売日:2020年6月4日

関連画像&映像

◆Jackson 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報