最大約20時間の長時間再生で、聴く・見る・遊ぶをサポートする重低音ワイヤレスヘッドホン『ATH-CKS660XBT』と『ATH-CKS330XBT』登場

ツイート

オーディオテクニカから6月19日、「SOLID BASSシリーズ」のワイヤレスヘッドホンとして『ATH-CKS660XBT』と『ATH-CKS330XBT』が発売される。 両製品ともに圧倒的な低域表現で迫力と臨場感を生み出す、2009年に初代モデルが登場して以来同社の人気シリーズ「SOLID BASS」のワイヤレスヘッドホンだ。

今回新たに登場する2製品は落下の心配がないネックバンドスタイルで、最大20時間の連続再生を実現。ゲームや動画に最適な低遅延モードや、2台同時にワイヤレス機器とつながるマルチポイントに対応している。


『ATH-CKS660XBT』はボディに、ワンランク上の質感で不要共振を低減する切削無垢アルミニウム仕上げを採用。長年培ってきた低音再生技術と先進のワイヤレステクノロジーを融合し、音楽をはじめ、さまざまなコンテンツを強靭な重低音で楽しめる。


一方の『ATH-CKS330XBT』は、ボディをコンパクトにまとめて装着性を高めながらも、効率よく重低音が再生できるよう設計されているのでメリハリの効いたキレのある重低音サウンドを実現した。

そのほか両製品とも、急に降り出した雨や水しぶきがかかっても心配のいらないIPX2(※ヘッドホン本体のみJIS/IEC保護等級、IPX2相当。製品を15度傾けた状態で上から落ちる水滴に対して保護されていることを意味します。お風呂などの高温多湿の場所では使用できません)相当の防滴性能、Siri/Googleアシスタントにアクセスできる操作ボタンの採用など、便利な機能を搭載し、普段使いにぴったりの製品となっている。


カラーは、『ATH-CKS660XBT』は筐体の素材に合わせて、よりメタリック感が引き立つカッパーゴールドとガンメタリックの2色を用意。上位モデルにふさわしいシックなカラーが特徴だ。『ATH-CKS330XBT』は陶器のような色をイメージしたブラック、ブルー、ベージュ、グリーンを採用し、肌になじみやすい4色を用意。ベーシックスタイルからカジュアルスタイルまで、日常使いしやすいカラーとなっている。


【ATH-CKS660XBT 製品概要】

2020年6月19日(金)発売予定
オープン価格

■約2時間のフル充電で、最大約20時間の連続再生。
■約10分の充電で、約2時間の連続再生。
■音と映像のずれを抑える低遅延モード(Low Latency Mode)。
スマートフォンやタブレットでゲームや動画視聴をする際に、音の遅延の少ない再生をお楽しみいただけます。
■ドライバーとメタルボディで圧倒的な低域表現。
高精度な磁気回路を採用し、振動板の優れた過渡特性を実現する専用設計のφ9.8mm SOLID BASS HDドライバーを搭載。 メタルボディとの相乗効果により強靭な重低音が聴けます。
■2台のBluetooth機器を同時に接続できるマルチポイントに対応。
■不要共振を低減する、切削無垢アルミニウムエンクロージャーを採用。
■落下の心配のないネックバンドスタイル。
■コードがまとまるマグネットクリップ。
■操作ボタンを使って、Siri/Googleアシスタントにアクセス可能。


【ATH-CKS330XBT 製品概要】

2020年6月19日(金)発売予定
オープン価格

■約2時間のフル充電で、最大約20時間の連続再生。
■約10分の充電で、約2時間の連続再生。
■音と映像のずれを抑える低遅延モード(Low Latency Mode)。
スマートフォンやタブレットでゲームや動画視聴をする際に、音の遅延の少ない再生をお楽しみいただけます。
■ドライバーとメタルボディで圧倒的な低域表現。
専用設計のφ5.8mm SOLID BASS HDドライバーを搭載。 メリハリの効いた、キレのある重低音サウンドが聴けます。
■2台のBluetooth機器を同時に接続できるマルチポイントに対応。
■高い装着性と密閉性を両立。
効率良く重低音を再生できるよう本体を設計。 耳への収まりが良く、しっかりフィットします。密閉性も高いため、低音を逃しません。
■落下の心配のないネックバンドスタイル。
■コードがまとまるマグネットクリップ。
■操作ボタンを使って、Siri/Googleアシスタントにアクセス可能。

◆オーディオテクニカ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報