KEYTALK、幕張ワンマンの中止を発表+配信ライブと代々木第一体育館2daysが決定

ツイート

KEYTALKが、8月22日(土)、23日(日)に千葉・幕張メッセ イベントホールで開催する予定だったワンマンライブ<KEYTALK幕張メッセ2days 宇宙の果てまでレッツGO! 〜タイムトラベル漂流記〜>を中止すると発表した。

これは新型コロナウイルスの影響によるもの。幕張公演は残念ながら中止となってしまったが、9月26日(土)には自身初となる無観客ライブの実施が決定。さらに、2021年1月9日(土)、10日(日)には東京・国立代々木競技場第一体育館でワンマンライブが開催されるという。幕張公演のチケットは代々木公演にそのまま使用可能となるそうだ。

また、首藤義勝(Vo,B)が作詞・作曲を手がけた新曲「流線ノスタルジック」が2020年第二弾配信シングルとして8月26日(水)にリリースされることも明らかになっている。各公演およびリリースの詳細は後日発表予定とのことなので続報を楽しみに待とう。

<無観客配信ワンマンライブ>

2020年9月26日(土)
※詳細はオフィシャルサイト、SNSにて後日発表

<ワンマンライブ>

東京・国立代々木競技場第一体育館
DAY1:2021年1月09日(土)
DAY2:2021年1月10日(日) 
※詳細はオフィシャルサイト、SNSにて後日発表

この記事をツイート

この記事の関連情報