往年のアンプ/キャビネット/ペダルをモデリング、拡張/進化できるギター&ベース用プラグイン「Amp Room」

ツイート

Softubeからユニークなモジュール・スタイルを採用した新しいギター&ベース・プラットフォーム「Amp Room」が登場。Marshall公認のアドオンも同時発売となった。いずれも7月9日までお得なイントロプライスで提供中だ。

Softube Amp Roomは、モデリング技術とモジュール概念を統合したギター&ベースの新しいプラットフォーム。往年の名機をモデリングしたアンプ6機、キャビネット16機、ペダル10機、スタジオ・エフェクト3機、ユーティリティ・モジュール8種、そして多彩なマイキングと260以上のプリセットを備え、幅広いスタイルとジャンルに対応したギター&ベースサウンドを提供する。


▲アンプはMarshall JCM800をはじめ、ブリティッシュ・インヴェイジョンを象徴する1964年のモデル、アメリカン・コンボ・アンプの1966年バージョン、メタル向けのドイツのハイゲイン・アンプなど6種。キャビネットにはロックやメタルのギターとベース用に作成された1960年のMarshallのモデルを複数用意。ペダルはロックとブルース・ギター向けのオーバードライブほかリバーブ、コンプ、コーラス、ディレイなどが揃う。ヘヴィで歪んだトーンを作るMarshallのGuv’norペダルも。

モジュール・スタイルを採用することで無限に拡張/進化できるのも大きな特徴。Softubeのアンプ系プラグイン「Marshall Plexi Super Lead」や「Eden WT800」、スタジオ系プラグイン「Trident A-Range EQ」や「Tube-Tech CL 1B」などもモジュールとしてロード可能。アンプ・ヘッドとキャビネットを別々のモジュールとして使用することもできる。今後も対応製品は拡充され、ソフトウェアならではの拡張性も有している。


▲アドオンの「Marshall Cabinet Collection」は多彩なキャビネットでヴィンテージからモダンまでさまざまなスタイル/ジャンルに対応。ハードウェアでは不可能なセットアップも構築可能だ。

Amp Room専用にデザインされたアドオンも同時発売。「Marshall Cabinet Collection」は、Marshall社公認キャビネット・コレクションだ。4x12、2x12、1x12 インチのキャビネット8機種をダニエル・バーグストランド氏がキャプチャし、さまざまなマイキング・オプションを用意。多彩なトーンを楽しめる。Amp Room標準アンプ/マイキングとの組み合わせや夢のマーシャル・フルスタックも可能だ。

製品情報

◆Amp Room
価格:オープン(MUSIC EcoSystems STORE価格 14,900円 税込/イントロプライス 9,900円)
◆Marshall Cabinet Collection
価格:オープン(MUSIC EcoSystems STORE価格 3,900円 税込/イントロプライス 2,200円)
発売日:2020年6月12日
※イントロプライスは2020年7月9日まで
この記事をツイート

この記事の関連情報