大黒摩季、“音楽でサーフィンしよう”をテーマとした新曲配信リリース

ツイート

大黒摩季が6月30日、新曲「Shaka♬シャカ You'll be all right」を配信リリースすることが明らかとなった。「Let’s☆Go!!Girls」「RAINBOW QUEST〜僕らはピースメイト〜」「OK」と、3月からシングル連続配信リリースを毎月行なってきた大黒摩季だが、同新曲で4ヶ月連続となる。

◆大黒摩季 動画

大黒摩季作詞、光永亮太&大黒摩季の作曲および編曲による「Shaka♬シャカ You'll be all right」は、『東京2020オリンピック』の正式種目に決定したサーフィンを音楽で盛り上げ、応援することを目的とした新曲だ。“音楽でサーフィンしよう”をテーマに、より大きなサーフムーブメントの創出とビーチカルチャーの定着を目指し結成されたプロジェクト『Surf in MUSIC』のテーマソングとして制作された。

5月30日に千葉県いすみ市太東ビーチパークで予定されていたイベントは、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったものの、テーマソング自体はサーフシーンを愛するアーティストが集まった“波音組 (ハネグミ)”のメンバーがボーカルとRAPに参加して完成。今回のリリースでは2バージョンの音源が用意されている。

ひとつは楽曲制作に最初からに関わってきた光永亮太をはじめ、SPiCYSOLのKENNYとAKUN、GAKU-MCによって歌われる「Rippleバージョン」。もうひとつは、その波音組が全面的に参加した“Big Wave バージョン”だ。また同新曲は、新型コロナウイルス感染症による自粛に日々で堅くなってしまった心を癒し、サーフィン・シーズンの到来とともに、前向きな気持にさせてくれる爽やかなサウンドに仕上がっているとのこと。

■配信シングル「Shaka♬シャカ You'll be all right」

2020年6月30日配信リリース
【参加アーティスト&ミュージシャン】
“波音組 (ハネグミ)”Vocal:
大黒摩季
光永亮太
KENNY from SPiCYSOL
TAKE from Skoop On Somebody
LEYONA
LISA HALIM
東田トモヒロ

“波音組 (ハネグミ)”Rap:
GAKU-MC
WATARU

ミュージシャン:
河村"カースケ"智康 / Drums
澤田浩史 / Bass
AKUN from SPiCYSOL / E.Guitar
光永亮太 / A.Guitar
柴田敏孝 / Keyboards
大黒摩季 / Background Chorus

▼波音組 (ハネグミ)大黒摩季を中心に、様々な才能のアーティストが集ったコンセプト・チーム。サーフシーンの応援、ビーチカルチャーの形成に向けて、音楽を通してサポートしていこうとしている。

この記事をツイート

この記事の関連情報