ローランド、ステージの映像演出とライブ配信に適した4K対応ビデオ・スケーラー「VC-100UHD」

ツイート

ローランドから、大画面を使用するライブイベントなどで、高画質の4K映像とパソコンから出力する映像のほかさまざまなフォーマットの映像を組み合わせ、映像処理を行いながら同時にライブ配信へのスムーズな対応ができる業務用小型ビデオ・スケーラー「VC-100UHD」が登場。2020年秋に発売される。

近年、放送業界では高精細な4Kカメラの標準化が進む一方、大型LEDディスプレイの低価格化でライブイベントなどで大画面を使用した映像演出を行うことが一般的になっている。その中でもセミナーや新製品発表会などでは、パソコンから出力されるプレゼンテーション用映像などのHD映像と4K映像が併用されることも多く、それぞれの映像信号に対応する機器の用意や複雑なセッティングを行う必要があった。また、昨今のコロナウイルス感染拡大でインターネット・ライブ配信への需要が急激に高まっている。そんなタイミングで発表されたのが、「VC-100UHD」だ。

「VC-100UHD」は、解像度が異なる複数の映像信号を用途に合わせて変換・最適化し、出力するビデオ・スケーラー。ローランド独自の“ULTRA SCALER”技術を搭載しており、スムーズな映像信号の変換で高品質の映像演出が可能だ。


▲フロントパネルにはディスプレイと2つのノブ、ボタンを用意。リアパネルは12G-SDI IN/OUT/THRU、HDMI IN/OUT(THRU)、REFERENCE IN/OUT/THRU、BALANCE AUDIO IN/OUT、LINE IN/OUT (L/R)、REMOTE (LAN)、STREAMING、DC IN (24V)、USBを搭載。

同時に3系統の映像出力を行うことができるだけでなく、ストリーミング用に最適化した映像を出力するUSB端子を装備。これを利用して「Zoom」や「Microsoft Teams」などを利用した大規模なWEB会議やセミナーに活用することができる。

また、イベントにおいては、ステージ上の大型LEDディスプレイに4Kの高精細な映像を出力しながら、ライブ配信を行うパソコンへインターネット転送に適した映像を出力。加えてレコーダーにHD映像を出力して収録する、といったセッティングをシンプルに完結できる。また、「VC-100UHD」は最新のゲーム機器から出力される、非常に滑らかな「ハイフレームレート映像」の入力にも対応。上級者のeスポーツイベントでの使用にも最適な仕様となっている。

製品情報

◆VC-100UHD
価格:オープン(市場想定価格 税込 400,000円程度)
発売日:2020年秋
この記事をツイート

この記事の関連情報