バウアー、本日最新作『Planet's Mad』をリリース&アルバムの世界観を表現した40分にわたる映画も同時公開

ツイート

ニューヨーク在住のポルトガル人プロデューサー、バウアーことハリー・ロドリゲス。

◆ バウアー 関連動画&画像

2013年にビルボードホット100で初登場1位という快挙を達成した「Harlem Shake」で突如シーンに現れると、ジェイ・Z、プシャT、トラヴィス・スコット、G-DRAGON、 M.I.A.、スケプタらと共演をするなどトップ・プロデューサーとして一気に頭角を現し、世界中のフェスでもオーディエンスを熱狂させてきた彼が、本日最新作『Planet's Mad』をリリースし、同時にアルバムの世界観を表現した40分にわたる映画も公開した。


バウアーが2018年にロサンゼルスで作り出したこのファンタジーの大筋は、この半年間で恐ろしいほど予言的なものになってしまった。本来であればプロモやツアーに出るはずだった期間に、ロックダウンが起きたことにより数ヶ月分の時間ができ、それぞれのトラックに付随するストーリーと幻想的な生き物を詰め込んだフルムービーによる広大な世界を描く映像が実現した。物語は、一夜にして地球の上空に奇妙な緑色の惑星が出現し、世界がおかしくなったところからスタート。都市は燃え、地球を崇拝するカルトが出現したのちに、地球がエイリアンの惑星とぶつかり、2つは融合することになるが、その奇妙なエイリアンたちは結局のところ良い奴らだと判明する、というストーリーとなっている。


本作の監督はバウアーことハリー・ロドリゲスが務め、脚本はハリー・ロドリゲス、ドミニク・フラニガン、メイソン・クライン、ジェームズ・ロドリゲス、編集はドミニク・フラニガン、リック・ファリン、プロデュースはドミニク・フラニガン、ニック・ヴェルネ、アニメーションはActual Objectsが手がけた。そして、音楽はハリー・ロドリゲス、追加制作はホーリーとハドソン・モホーク、追加楽器はエリ・テップリンとシド・リムが担当している。また、ゲストとしてはエミー賞獲得の社会派コメディ「マスター・オブ・ゼロ」にも出演するエリック・ウェアハイムが登場している。

アルバムのリリースはジョージ・フロイド氏が亡くなった事に敬意を表して、6月5日から6月19日に変更され、ハリー自身はこの期間を使用して抗議のための募金を募り、寄付を行なっている。


『PLANET’S MAD』

2020年6月19日(金)リリース
Beat Records / LuckyMe
国内盤CD:BRC-640 2,200円+税
ボーナストラック追加収録/解説書封入

TRACKLISTING
01. PLANCK
02. PLANET'S MAD
03. MAGIC
04. YEHOO
05. PIZZAWALA
06. REACHUPDONTSTOP
07. HOT 44
08. AETHER
09. COOL ONE SEVEN ONE
10. REMINA
11. HOME
12. GROUP
+ Bonus Track

◆BEATINK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報