キッス、A・クーパー、チャドら米ロック誌『creem』のドキュメンタリーに出演

ツイート

キッスのポール・スタンレー&ジーン・シモンズ、アリス・クーパー、ソニック・ユースのサーストン・ムーア、元J・ガイルズ・バンドのピーター・ウルフ、ジョーン・ジェットらが、1969年に創刊されたアメリカの音楽誌、“アメリカの唯一のロックンロール・マガジン”こと『creem』のドキュメンタリー『Creem: America's Only Rock 'N' Roll Magazine』に出演した。

◆予告編

今週、予告編が公開され、MC5のウェイン・クレイマー、メタリカのカーク・ハメット、スージー・クアトロ、元R.E.M.のマイケル・スタイプ、俳優のジェフ・ダニエルズ、ファッション・デザイナーのジョン・バルベイトス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスらの姿も見られる。過去のミュージシャンのライブ・パフォーマンスや取材時の映像もふんだんに使用されているようだ。


『creem』はデトロイトでレコード店を開いていたバリー・クレイマーが創刊し、1989年まで月刊で出版されていた。俳優のジェフ・ダニエルズによると、「creemを買うのはPLAYBOYを買うのとちょっと似てた。どちらも親には見られたくなかった」そうだ。パンク・ロックという言葉を初めて使った(少なくとも概念化するのに一役買った)のが同誌だったと言われている。

ドキュメンタリー『Creem: America's Only Rock 'N' Roll Magazine』は、創刊者のクレイマーの息子JJがプロデュースし、ワシントンDCのパンク・シーンのドキュメンタリー『Salad Days』(2014年)を手掛けたScott Crawfordが監督。MC5のウェイン・クレイマーが音楽を担当した。8月にアメリカで劇場公開される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報