全英アルバム・チャート、リアム・ギャラガーがソロ3作目の1位

ツイート


今週のUKアルバム・チャートは、リアム・ギャラガーのライブ・アルバム『MTV Unplugged (Live At Hull City Hall)』が初登場で1位を獲得した。ソロではファースト『As You Were』(2017年)、セカンド『Why Me? Why Not.』(2019年)に続く3作目、オアシス時代を含めば11作目の全英NO.1アルバムとなった。

◆全英チャート 関連画像、動画

リアムはこの結果に、「3年間で3枚のNO.1アルバム…あか抜けないパーカー・モンキーにしたら悪くない。これを実現させてくれたみんな、ありがとう」とコメントしている。



先週まで2週連続でトップだったレディー・ガガの『Chromatica』は2位に後退。ルイス・キャパルディが1年以上前に発表したデビュー・アルバム『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が4位から3位に再浮上した。

今週のトップ10には、リアムほか、英国人のシンガー・ソングライター、ジャック・ガラットのセカンド『Love, Death & Dancing』が8位にチャート・インしている。

シングル・チャートの1位は変わらず、ロディ・リッチをフィーチャーしたダベイビーの「Rockstar」が非連続5週目の首位に輝いた。2~4位にも動きがなく、レディー・ガガとアリアナ・グランデのコラボ「Rain On Me」が2位、S1MBAの「Rover」が3位、Topicの「Breaking Me」が4位をキープした。

新たにトップ10入りしたのは2曲あり、コソボ出身のDJ、Regardが英国人のシンガーRAYEとコラボした「Secrets」が先週の12位から8位、220 KID & GRACEYの「Don’t Need Love」が13位から10位に上昇している。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報