ガンズ・アンド・ローゼズ、ダウンロード・フェスティバルのライブ映像公開

ツイート

ガンズ・アンド・ローゼズが、先月YouTubeでスタートした<Not In This Lifetime Selects>シリーズにおいて、英国で開催された<Download Festival>でのライブ映像30分を公開した。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ動画、画像

2018年6月9日に同フェスティバルでヘッドラインを飾ったときのもので、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの「Slither」、「Rocket Queen」「You Could Be Mine」、ダフ・マッケイガンがリード・ヴォーカルを担当したミスフィッツの「Attitude」のカヴァー、「Sweet Child O’ Mine」の5曲を視聴できる。


バンドは5月21日、<Not In This Lifetime Selects>と題し、ダフ・マッケイガンとスラッシュが復帰し2016年4月に開幕した<Not In This Lifetime...>ツアーのハイライト・シーンの配信を始め、第1弾として2019年10月29日に米ユタ州ソルトレイクシティで開かれた公演から13分半のパフォーマンス映像を公開していた。<Download Festival>の映像はその第2弾となる。

ガンズ・アンド・ローゼズは新型コロナウイルスの影響を受け、この夏、ヨーロッパと北米で開催予定だったツアーを延期している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報