島津亜矢、初の無観客 配信コンサート開催 「君と見てるから」を初披露

ツイート

島津亜矢が、初めての無観客による配信コンサート「がんばらなんたい」を行うことが決定した。

島津亜矢は今年デビュー35周年。コロナ禍において、恒例の全国ツアー69公演が中止、延期となっている。彼女の“歌”を届けることができない中、3月には自身初めてのYouTube公式チャンネルを開設。これまで27本の歌唱動画をアップするなど、新たな形で“歌”を届けるべく模索してたなか、自身初めての無観客による配信コンサートを7月9日(木)に行うことを発表した。

初の配信コンサートに向けて意欲を語っている。
「今回、初めて目の前にお客様がいらっしゃらない“配信コンサート”というものを開催させて頂きます。緊張してばかりの私としましては、お顔も見えず、拍手も頂けない環境というのがどういったものなのかと不安がいっぱいなのですが、沢山の方にご覧頂けると信じて、精一杯歌わせて頂きます」

また、NHKラジオ「ラジオ深夜便」の6月、7月の“深夜便のうた”として現在配信中の「君と見てるから」も初披露することも決定。この「君と見てるから」は、島津亜矢にとって初めてのオリジナルポップス曲で、音楽プロデューサーの今井了介氏(安室奈美恵『Hero』・Little Glee Monster『ECHO』)による書き下ろしのバラード。

新曲に対し「NHKさんからお話を頂いたものの、新型コロナウイルスの影響から、作業が中断。プロデュースを頂いた今井了介さんとも、オンラインのミーティングツールを用いての打ち合わせとなってしまいました。直接お目にかかったのは、レコーディングの当日となってしまったのですが、パソコンの画面越しでも、今井さんの熱量が伝わり、この歌に大きな可能性を感じていました。コロナ禍の状況だからこそ、求められる"歌"がある。深夜のラジオを通して、お聴き頂く"君"に何かを届けたい。そんな想いを共有させて頂き、吹き込みに臨みました。私にとって、また新たな挑戦となった一曲です。是非、沢山の方にお聴き頂けたらと思います」とコメント。

“歌怪獣”の愛称で親しまれている島津亜矢。歌声が全国どこでも味わえる配信コンサート「がんばらなんたい」に期待したい。

【公演概要】

島津亜矢“Singerシリーズ” 初の配信コンサート「がんばらなんたい」
7月9日(木)無観客・配信コンサート20:00~21:00(予定)
Streaming + にて生配信。
視聴チケット/3000円
6月24日(水)正午12時から、イープラスのサイトで発売。
●視聴チケット販売専用URL
https://eplus.jp/shimazuaya0709/
●公演に関するお問合せ
info_live@epluslw.co.jp
●Streaming+に関するお問合せ
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

配信情報

島津亜矢 初のポップスオリジナル曲
「君と見てるから」作詞/作曲・今井了介 編曲・山下康介
NHKラジオ「ラジオ深夜便」6・7月「深夜便のうた」
■各社配信サイトにて、配信発売中
https://lnk.to/shimazu_C844
*「ラジオ深夜便」番組放送時間
・NHKラジオ第1:午後11:05~翌朝5:00
・NHK-FM:午前1:05~5:00
この記事をツイート

この記事の関連情報