リンキン・パーク、チェスターが歌う未発表曲の存在を認めるもリリースは数年後

ツイート

リンキン・パークのマイク・シノダが、Twitchでライブ配信中、2017年に亡くなったチェスター・ベニントンが歌っている未発表音源があることを明かした。ただ、公開するのはまだ先になるという。

「『One More Light』のときの曲があるんだ。僕ら、完成したアルバム(最終的に収録した)以上の曲をミックスしてた。アルバムに収録できるかとか、B面として使えるかって検討するために、数曲ミックスしてたんだ。それが“Friendly Fire”だ」

「僕はいまもこの曲が大好きだ。どこかで聴けるかって? 僕ら、これまで“Friendly Fire”を公開した? してないよね」と話し、正式にリリースする予定はあるのかとのファンからの質問には「あの曲を聴くのは、文字通り、何年も待たなきゃいけない」と答えた。

同曲は、チェスターが亡くなる2ヶ月前にリリースしたアルバム『One More Light』で「Nobody Can Save Me」「Battle Symphony」を共作したジョン・グリーンと一緒に作ったものだという。

リンキン・パークは4月、ベーシストのフェニックス(デイヴ・ファーレル)が「僕ら、バンドとして、これ(新型コロナウイルスの感染拡大)が起こる前から曲を書くみたいなことはしてきたんだ。いま、僕らはZoomミーティングしてる。一緒にランチ食べたりしながらね。でも、集まったり一緒に曲を作ることなんかはできない。だから僕は家でちょこちょこやってるよ。アイディアを出してる」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報