【メールインタビュー】ハニースパイスRe.、新体制初のシングルは「元気になる曲ばかり」

ツイート
▲左から雪白はるか、逢沢ありあ、桜井まあか、羽鳥みお、宮花もも、木咲りん、平野ほのか

雪白はるかと羽鳥みおを新メンバーに迎え、7人体制で活動中の“ハニスパ”ことハニースパイスRe.。その第1弾であり、ダブルAサイドの2ndシングル「Honeys!!! / Happy(2020ver.)」はオリコンチャートのデイリー1位を獲得と好調なスタートを切った。ハニースパイス解散を経てハニースパイスRe.として2019年に5月に再結成を果たした彼女たちが「元気になる曲ばかり」という最新シングルのことを中心に、7人それぞれがハッピーになれる時間についてメールインタビューにて質問に答えてくれた。

なお、「Honeys!!!」のミュージックビデオにはメンバーがお料理にチャレンジする場面も登場。「炊飯器を使いこなせなくて最終手段でUber Eatsでご飯を注文しました」(宮花)、「私の中では唯一無二で独創的なクッキーが出来上がったと思ったのですが、周りにはドン引きされてしまった」(羽鳥)など裏エピソードも想像しながら見るとより楽しめるかも!?

  ◆  ◆  ◆

■アイドルと言えば!

──ハニースパイスRe.として復活して約1年たちましたが、これまでの日々を振り返って楽しかったこと、忘れられない思い出を教えてください。

平野ほのか(以下、平野):台風翌日の1stワンマンライブ(2019年10月)ですね。

木咲りん(以下、木咲):そうですね。デビュー5ヶ月で達成した新宿ReNYでの1stワンマンは忘れられないです。

宮花もも(以下、宮花):私も1stワンマンライブです。

桜井まあか(以下、桜井):同じです。それと東名阪ツアーファイナル。

逢沢ありあ(以下、逢沢):ハニースパイスRe.でオリコンデイリー1位になったことです。

雪白はるか(以下、雪白):今回の2ndシングルがデイリー1位になって嬉しかったです。

羽鳥みお(以下、羽鳥):私は地元名古屋4daysの遠征です。ハニスパに加入してから初めてのオフ会で皆さんと矢場とんを爆食いしました。

▲「Honeys!!! / Happy(2020ver.)」Type-A

▲「Honeys!!! / Happy(2020ver.)」Type-B

──現メンバー(2020年3月)の7人になってお互いの性格がわかったり、仲が深まったりしたことがあると思います。新メンバー、雪白さんと羽鳥さんと過ごした中でのエピソードはありますか?

宮花:はるるん(雪白)の誕生日祝いを兼ねて2人でデートしたことです。みいちゃ(羽鳥)とたこ焼き大食い対決して負けたこともあります(笑)。

桜井:はるるんは喋り方がすごく特徴的で、話していて常に面白いですね。みいちゃはめちゃくちゃよく食べる。この間名古屋で行われたオフ会で大盛りご飯を4杯もおかわりしていました。

──ははは。1年たってより見えてきたハニースパイスRe.のテーマ、ヴィジョンがあったら教えてください。

平野:この1年はたくさんの方に知ってもらって、いろいろなメディアにも出させてもらったので“アイドルと言えば!夏フェスにピッタリと言えば!ハニースパイスRe.!”って思ってもらえるようになりたいです!

──2ndシングル「Honeys!!!」は呪文のようにお花の名前が並ぶ出だしからインパクトのある曲ですが、ハニースパイスRe.の中でどんなポジションのナンバーでしょうか?



逢沢:ハニースパイスの中でもとっても盛り上がる曲でファンの方と一緒に楽しめる曲となっています。

羽鳥:キャッチーかつユニークで、“自由”をテーマに作られたハニスパの中でも印象的な曲調です。

──メッセージ性のある歌詞ですが、それぞれ刺さってきたり、グッときたフレーズはありますか?

平野:“共感で生きて”というところです。

逢沢:私も“強制じゃない” “共感で生きて”の部分が好きです。

宮花:“未来を救う鍵 単純だよ愛と好奇心”が刺さりました。

桜井:“Story, Your Story 自分で決めて  だから誰のせいにもすんな! You have the right”という部分ですね。

木咲:“自由謳歌して 笑って”っていうフレーズが好きです。

羽鳥:“大好きなもの 大好きと言える” “残念なこと 残念と言える”という歌詞。自分を表現していくことができる素晴らしさを感じさせてくれます。

雪白:私も“大好きなもの 大好きと言える”が大好きです!

◆メールインタビュー(2)へ
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報