androp×Creepy Nuts、初の無観客配信2マン「生音ってこんなにいいんだって」

ツイート

andropとCreepy Nutsが6月25日(木)、無観客有料配信ライブ<SOS! 2020>を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆<SOS! 2020>画像

   ◆   ◆   ◆

andropとCreepy Nuts、ジャンルの違う2組ではあるが、andropのシングル「SOS! feat. Creepy Nuts」でのコラボから始まり、最近ではandropの10周年のアニバーサリーライブでのサプライズゲストがCreepy Nutsであったりと、実は何かと親交が深い。そんな2組が今の状況を逆手に取り、通常のライブでは見られない、初めての無観客配信2マンライブを開催した。

緊張の面持ちでスタジオに登場した2組。位置につくと、1曲目はCreepy Nutsが「数え唄」を、続いてandropが「SOS! Billboard ver.」を立て続けに披露。最初のMCでCreepy NutsのDJ松永は、「いつもなら演奏が終わってお客さんの歓声がわーっとあった後にしゃべりだすので、どのタイミングでしゃべりだせばいいかわからない」と笑わせると、andropの内澤(Vo,G)は、「久しぶりに生音聴いて、生音ってこんなにいいんだって感じた、あらためて」と久々に集まって演奏できる喜びを噛み締めた。

andropは、「Hikari」や、初披露の新曲「Lonely」など6曲を、Creepy Nutsは「よふかしのうた」、「阿婆擦れ」など6曲をそれぞれパフォーマンスした。2組が交互に演奏していくという、2マンライブならではのユニークな構成で、最後は、コラボ曲「SOS! feat. Creepy Nuts」を2組で歌い、ライブを締めくくった。





初めての無観客配信2マンライブであったが、画面の向こうのオーディエンスもその醍醐味を十二分に体験できる、至極の時間となったのでは。なお、6月28日までアーカイブ配信を実施するとのことなので、見逃したファンはぜひチェックしてほしい。

またライブ当日から、andropのシングル「Koi」の他、数々のアーティストのアートワークを手掛け話題となっている、とんだ林蘭のデザイン「SOS! 2020」限定のオリジナルTシャツも、数量限定で販売されているのでファンはチェックしたい。

   ◆   ◆   ◆

<androp×Creepy Nuts「SOS! 2020」>

配信日時:2020年6月25日(木)20:00配信スタート
※アーカイブ:6月28日(日)まで
出演:androp / Creepy Nuts

チケット代:2,800円(別途応援チケットの販売あり)
申し込みURL: https://eplus.jp/androp-creepynuts-st/
申し込み期間:2020年6月13日(土)正午〜6月28日(日)21:00
※6月25日(木)より「e+Shop」にて︎「SOS! 2020」オリジナル(とんだ林蘭デザイン)Tシャツを販売

この記事をツイート

この記事の関連情報